全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

ラッカセイ収穫

2010年10月27日

ラッカセイ収穫この一面のラッカセイを・・・

ラッカセイ収穫本日いよいよ収穫です!

ラッカセイ収穫歴史的酷暑のこの夏、畑ナンバーワンの隆盛を誇ったラッカセイ。どうですか?これでほぼ一株ですよ。

ラッカセイ収穫こちらはプランターで栽培していたものです。ラッカセイは横に広がっていくので、のびるたびにプランター4個を連結していきました。

ラッカセイ収穫ひっくりかえしたらこんな感じ。よくついています。

ラッカセイ収穫大きさ、形別に分類。大小とりまぜ一株からこんなに。

ラッカセイ収穫虫にやられてすでに殻だけのものもありましたが、ほら、中身もこのとおり。

ラッカセイ収穫収穫を待ちきれなかったか、すでに地中で発芽をはじめていたものもありました。今夜の残業おやつはゆでラッカセイです。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

ラッカセイの絵本ラッカセイの絵本 家庭菜園全科5 雑穀・マメ類家庭菜園全科5 雑穀・マメ類

虫喰いアート

2010年10月20日

虫食いウコンの葉っぱに虫のアートを見つけたので思わず激写。小さくまるまっていた時に食べたんでしょうね。こういうのだったらちょっと虫喰いも許せる気が・・・。季節柄、ハローウィンのかぼちゃの切り抜きみたいに見えてきます。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

放し飼い昆虫記放し飼い昆虫記 親子でわくわく自然観察事典親子でわくわく自然観察事典

空中イモ

2010年10月19日

空中イモ写真中央、葉っぱのかげにかくれて小さくて丸い実のようなものがついてるのがわかりますか?

空中イモ空中イモ、またの名をエアポテトと言います。普通イモ類は地中にできますが、これは空中にできるイモ。いわゆるむかごです。夏の間はグリーンカーテンとして活躍、秋にはこんな実をつけてくれました。「日本の食生活全集」でもごまあえや醤油煮など、むかごはたくさん登場しますが、やはり王道はまぜごはん。岡山、和歌山、鹿児島、宮崎、島根、と主に西日本ではばひろく食べられてきたようです。秋も深まり、栗やサトイモ、まぜる具材も豊富な季節となりました。ムカゴもぜひお試しください。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

混ぜごはん かてめし混ぜごはん かてめし パクパクいろいろごはんパクパクいろいろごはん

ミズハッカ

2010年10月15日

ミズハッカミズハッカの花が咲きました。その名のとおり水辺に咲くハッカ。田んぼのあぜに植える植物としても人気です。

ミズハッカメンソールでおなじみのハーブですが、この花はまったく香りがありません。葉っぱをこするなどしてはじめて香りがたちのぼります。細胞がこわれる時に発するものなのでしょうね。ちょっとこすっただけでもすごくいいにおいがして、しばらくこすり続けてしまいました。こすらないと出ないにおいを、エキスを抽出して固定できるんですから人間の技術ってすごいです。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

新版 図解 四季の薬草利用新版 図解 四季の薬草利用 ハーブオイルの本ハーブオイルの本

麦わら人形

2010年10月13日

ムギワラ人形今月の「食農教育11月号」は「麦をまこう!」特集。こちらは食農教育編集部がつくった麦わら人形です。男の子と女の子。下にさしこまれた麦ワラをひっぱると・・・

ムギワラ人形両手がバンザイ。なんともかわいい。今回の特集ではでんでんむしやかえるなどの麦わら加工を大公開。この麦わらのカップルは本誌にはのりませんでしたが、近々食農教育のホームページで動画で作り方を大公開しちゃいます。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

食農教育 2010年11月号(No77)食農教育 2010年11月号(No77) 麦わらの絵本麦わらの絵本

オリーブの実

2010年10月7日

オリーブ緑苗を買って3年、今年はじめてオリーブに実がつきました。そんなに難しい植物ではないはずなのですがいまいち屋上とは相性が悪いらしく、2鉢育てていたうち1鉢は枯れてしまい、成長も伸び悩みでしたのでやっと実って感動です。オリーブはといえばオイルかピクルスのイメージですよね。塩漬けにするなら緑色になったこのタイミングで収穫です。

オリーブ紫油をしぼるならもう少し待って、紫か黒になってから。これでもまだ早いくらいですね。緑色の段階ではまだ油成分が少ないのです。オリーブの果実は食用、薬用と幅広く活用されますが、オレウロペインという苦味成分がたくさんふくまれているため生食はできません。(「オリーブの絵本」より。)古代ギリシャやローマでも使われていたオリーブ、昔の人はこの苦い実からどうやって活用の道を探ったのでしょうか・・・不思議です。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

オリーブの絵本オリーブの絵本 油の絵本油の絵本

8の字のめしべ

2010年10月5日

チコリチコリの花が咲きました。きれいな薄紫です。チコリの花はハーブティーにもできるんですよ。ところでこの写真をじーっとみていたらあることに気づきました。めしべの先端が全部横向きの8の字になってませんか?

たんぽぽこれは屋上で撮ったものではないのですがシロバナタンポポの写真です。こちらもめしべが8の字。おもしろい!

チコリもシロバナタンポポも同じキク科です。キク科の花は、たくさんの小花が集まってできており、その小花(舌状花)のめしべの先端が二つに分かれており、それがまるまって8の字に見えるようです。なんだかたくさんメガネをかけてるみたいです。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

フレッシュハーブティーの本フレッシュハーブティーの本 復刊 自然の観察復刊 自然の観察

秋の畑

2010年10月1日

オミナエシ悪夢のような猛暑が終わったと思ったら雨続き。今日はやっと気持ちのいい秋晴れです。秋の花、オミナエシも咲いています。

ソバ畑も秋の作物に変わってますよ。こちらはソバ。

ダイコンそしてダイコン。この横では相変わらずラッカセイが隆盛を誇っていて、夏秋混在という風情ですが背の高いオクラなどが終了したため、だいぶ屋上風景も変わりました。今年の冬はまた寒さが厳しいという予報。なんだか日本は夏と冬がどんどんのびて、春と秋が短くなってるようですね。大切な秋の時間、楽しんでいきたいと思います。

 

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

山で稼ぐ!
小さい林業で稼ぐコツ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る