全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

ホウレンソウ生食

2010年1月26日

ホウレンソウトンネルの下のホウレンソウが順調なので・・・

 

間引き菜今日は間引き作業を行いました。

 

間引き菜これをこのまま水洗いしただけで生食。甘味があって、みずみずしくて後をひくおいしさでした。
ホウレンソウを生で食べるとシュウ酸のせいで尿路結石になる・・・と昔は言われていましたが、実際にホウレンソウが原因で尿路結石になった症例はなく、むしろ最近では腸の運動を刺激して強化するという有用説もあるのです。また、現在ではシュウ酸を少なくする品種改良などもすすめられています。(「ホウレンソウの絵本」より。)
とれたての間引きホウレンソウ、すごくおいしいですよ。

ハウスの中は

2010年1月21日

トンネル今週は少し寒さがやわらぎましたが、やはり日が暮れるとまだまだ寒い。春は遠い感じがしますがトンネルの下では・・・

 

ダイコンダイコン、順調です。ここだけは春の景色。

 

ランハウスの中もあたたかい。ほんとにビニール一枚囲っただけでちがうものです。ビニールハウスは近代農業のすばらしい発明ですね。ランもつぼみをつけています。
 

 

パセリ年末の大掃除の時にまいたパセリもちゃんと発芽していました。カラをかぶってかわいい。毎日寒さでぐったりしてしまいますが、植物たちの春へのエネルギーをもらうとなんとか冬を乗り越えられる気がします。
 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

ハウスの中の作物ハウスの中の作物 ハウスの新しい太陽熱処理法ハウスの新しい太陽熱処理法

過保護?なコマツナ

2010年1月15日

こおり今日の東京は最低気温が0度を下回る「冬日」。2年ぶりの寒さだそうです。屋上の池にも氷がはりました。お昼の時点でまだこれだけ厚いですから朝は相当厚かったのでは。

 

コマツナ寒さに弱い植物はハウスの中に避難させていますが、そのハウス内でさらにビニールにくるまれているのはコマツナです。ちょっと過保護?

 

コマツナいえいえ、これは防寒のみならず、湿度を保つための対策でもあるのです。このコマツナは取材先で間引きされたものをわけていただいたもので、現在しっかり根付くのを待っているところ。今が大事な育苗期なのです。それにしてもおくるみに巻かれた赤ちゃんの風情ですね。あったかそうなのがちょっとうらやましい・・・。
 

おめでたい植物

2010年1月8日

松あけましておめでとうございます。新春のおめでたい植物ということで松を撮ってみました。地味な植物ですのでなかなかこのブログに登場しませんが、屋上ではこういった盆栽のようなものも育てているんですよ。

 

ナンテンこちらはナンテン。軽石素材の鉢で和風のインテリアになります。「難を転ずる」から縁起のいい木として庭木などで人気です。

今年は昨年大改造した新しい菜園の幕開けです。どうか天候にめぐまれ稔り豊かな一年でありますように。今年もよろしくご愛読ください。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

盆栽実技 1 松柏I盆栽実技 1 松柏I クロマツクロマツ

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

朝日新聞6/11書評掲載!
世界の田園回帰

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る