全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

食用ほおずき

2009年9月29日

ホオズキ1ほおずきの実をいただきました。でも少し普通のより色がうすめですね。 
 
ホオズキ2実はこれ、食用ほおずきなのです。
 
 
ホオズキ3食べてみたら甘い!ちょっとカンキツ系の味で、なんとも新鮮なおいしさでした。
ちょっと気になり調べてみましたら、「愛媛の食事」にほおずきを食べる記事が出ていました。しかもなんと薬効食!「冬の霜やけ、雪やけのかゆみ止めになり、また焼酎漬はぜんそくに効能がある」そうです。やっぱり見た目、おいしそうですもんねえ。観賞するだけではもったいないですね。
 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

愛媛の食事愛媛の食事 第12巻 宿根草第12巻 宿根草

土がなくても

2009年9月18日

スイセン先日頒布したスイセンの球根はあっという間に売り切れました。職員のEさんはさっそくデスクで水耕栽培にしてくれていました。なるほど、こうすれば土がなくても楽しめますね。 
 
イモ料理またこのEさん、くりあげ収穫したサツマイモをちょっと洋風大学いもにしてくれました。工事がはじまってしまうとしばらく屋上に出られなくなってしまいますが、土がなくても園芸ライフを楽しむ方法、まだまだ模索できそうです。
 

球根頒布

2009年9月16日

花だん撤去毎日続く土嚢つめ。花壇の土もだいぶ減ってきました。 
 
ウコン掘り返すうちにいろんなものが出てきます。こちらはウコン。作業中、スコップでこの根を傷つけるたびに独特のいい香りがしています。
 
 
スイセン球根スイセンの球根もバケツいっぱい分出てきましたので、玄関で頒布することにしました。直売所でも開きたいくらいです。 
 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

農産物直売所 発展のてびき農産物直売所 発展のてびき ウコンウコン

繰り上げ収穫

2009年9月15日

作業中屋上工事の日がせまり、毎日昼休みは撤収作業で大わらわです。 
 
いもほり生育中の作物たちもくりあげ収穫するしかありません。画面左は安納芋、右は里芋です。里芋はこのまま衣かつぎにするしかなさそうですね。
 
 
サトウキビサトウキビも収穫。 
 
サツマイモサツマイモと安納芋です。もう少し太りたかっただろうにかわいそうですが、それでもここまでよく育ってくれました。
昨日土運びを手伝ってくれた職員が今日は腰痛になっているとか・・・。まだまだ土木作業は続きますが、体を守りつつがんばりたいと思います。  

豊作の杖

2009年9月8日

ポール何やらふしぎな棒が屋上にやってきました。 
 
生育診断ポールその名も「生育診断ポール」。「イネの作業便利帳」の著者、高島忠行先生が開発されました。
 
 
葉を測るこうやって葉の長さをはかり、おおよそ出穂何日前くらいかが診断できるようになっています。ちゃんと葉の色まで診断できますね。これで肥料のやり時も判断しやすくなります。 
 
石灰止葉(穂が出る前、最後に出る葉。止葉の次は穂が出てきます。)の長さだけはかることもできます。「出穂何日前に穂肥をふれ」とか、「止葉がこれくらいになったらあと何日で出穂」など本に書いてあっても、それがいつなのかなかなか判断できにくいものですが、この棒があれば一目瞭然。まだ経験の浅い若手農家や新規就農の方には心強い道具ですね。
別名「豊作の杖」と言うんだそうです。豊作の魔法がかかりそうです。  

おすすめ本 〜今日の一冊〜

イネの作業便利帳イネの作業便利帳 ここが肝心イナ作診断ここが肝心イナ作診断

石灰のひみつ

2009年9月4日

トンボトンボがやってきました。今週はいきなり気温が下がり、残暑などまったくない状態です。もう少し暑さの追い上げがないと農作物が心配です。 
 
工事中さて、屋上の土木作業は地道に続いています。大変ではありますが、昼休みにいい汗がかけますし、長年使っていた畑の土の天地返しにもなるので楽しくすすめています。
 
 
赤米移動にそなえて土嚢袋に土をつめています。いま、どんな大雨が農文協をおそってもバッチリです。 
 
石灰いい機会なので土壌改良に石灰をまいてみました。石灰は土中のカルシウムをふやしてくれるほか、いろいろ役立つ資材なのです。「いろいろ」、って?それはぜひ「現代農業2008年6月号」と、「現代農業 2007年10月号」をごらんください!
 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

現代農業 2008年06月号現代農業 2008年06月号 現代農業 2007年10月号現代農業 2007年10月号

古代米

2009年9月2日

イネ収穫9月に入りました。先週は「うかたま」編集部のイネが一番乗りでイネ刈りをはじめました。今日から園芸部も稔ったものから刈っていきます。 
 
古代米といってもまだまだ生育中のものもあります。モデルとして立ってもらった身長153センチの彼女とほぼ同じ背丈のイネは古代米、(赤米)です。
 
 
赤米やっと開花したところ。穂のヒゲが赤くてきれいです。 
 
黒米一方チビの古代米も。こちらの黒米はせいぜい30センチといったところ。そのかわり分けつ力がすごいのです。粒もまるまるしていて、普通のイネとはだいぶちがいますね。まだまだ稔りの秋は続きます。
 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

赤米・紫黒米・香り米赤米・紫黒米・香り米 うかたま15号(2009夏号)うかたま15号(2009夏号)

ポップコーン

2009年9月1日

トウモロコシ屋上でとれたトウモロコシです。これをフライパンにかけたら・・・ 
 
ポップコーンじゃーん!ポップコーンになりました。本日のおやつです。今年は日照不足で野菜はいまひとつのできでしたが、トウモロコシだけはまあまあとれました。ポップコーンは少ない収穫でも、みんなで食べられるので学校などで育てるのにもおすすめです。でもなぜかポップコーンを見ると、仕事をさっさと終わらせて映画に行きたくなります・・・。
 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

ひょろのっぽくんひょろのっぽくん ふっくらふくらむふしぎふっくらふくらむふしぎ

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

祝!全共宮城大会
和牛の飼い方 コツと裏ワザ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る