全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

大事なカニ殻

2009年1月27日

カニ殻 これはカニの食べ殻です。なんでこんなものが屋上に?

実は1月7日の記事でもお伝えした、昨年末の仕事納めの時にいただきもののカニがふるまわれ、みんなが食べた終えた後のカラをせっせと回収しておいたのでした。

カニ殻に含まれているキチン質は、土壌中で根粒菌を増殖させ、窒素肥料をつくるとともに、他の有効要素成分の肥効も高めるほか、病害虫抑制効果もあります。(「肥料・土つくり資材大事典」より)生ゴミになんかしたらもったいない!大事なお宝なのです。  
 
ミカンの皮 こちらはミカンの皮。「現代農業2008年11月号」が出てから社内はミカンの皮ばやり。たくさんの人が屋上に置いていきます。
アブラムシに効く、トマトの立ち枯れ、ネギの赤サビ病に効く、などこちらも万 能お宝資材です。  
 
砕いた残渣 ミルジュニアで他の残渣とあわせて細かくくだき、堆肥ボックスにいれました。生ゴミになるものをこうして有効利用できた時、ガーデナーとしてちょっと得意な気持ちになれます。

わらぼっち

2009年1月19日

池の氷 いよいよ大寒。池にも氷がはりました。
ここのところ東京は最低気温が零下になることもしばしばです。  
 
わらぼっち全景 しかしご安心を。寒さ対策に登場したのは、このわらぼっち。
材料のワラはもちろん屋上産、製作はわれらが部長です。
部長は2008年10月2日の記事でもご紹介しましたが、誰もまねできない超器用さん。あっという間にボタンの木を守ってくれました。  
 
屋上視察 上部はただまとめるのではなく、こんなふうにきちんと編んでいきます。
わらぼっちはもちろん寒さ対策が大きな目的ですが、冬の庭を美しくする、観賞用としての価値も高いですよね。
屋上もここだけ立派な和風庭園の風情です。 


おすすめフェア 「和風庭園フェア」  

おすすめ本 〜今日の一冊〜

改訂新版 目で見る庭のロープワーク改訂新版 目で見る庭のロープワーク

屋上視察

2009年1月9日

雨の中のスイセン 今日の東京は久しぶりの雨。気温もぐっとさがり、凍てつくような寒さの中スイセンが咲いています。
今年のスイセンは開花が早いようです。雨の中のスイセン、きれいですね。  
 
屋上視察 さて、今日はこんな雨と寒さの中、屋上にお客様がいらっしゃいました。
大江戸野菜研究会」のメンバーのみなさんです。
私たちの屋上をぜひ見たいということで見学にいらしていただきました。  
 
観察 「大江戸野菜研究会」は都内各地のビルの屋上で野菜や花の栽培をすすめているそうです。
メンバーのみなさんもデパートの屋上やお勤め先の屋上などさまざまなところで菜園を楽しまれているそうで、部員とも話がはずみます。  
 
懇談会 視察の後、ゆっくりお話をうかがいました。
ビルや家屋の屋上で菜園を楽しむ方々は、私達が思っていたよりずっと多いようです。
建物に支障を与えない、軽くて風にとばされいくい屋上向きの土というものもあるそうで、どんどん屋上菜園の世界は広がっているようです。
全国にお仲間がたくさんいるんだと思うと楽しくなってきますね。
大江戸野菜研究会のみなさん、ありがとうございました。  

 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

現代用語復刻新版 家庭菜園の実際現代用語復刻新版 家庭菜園の実際

仕事納め

2009年1月7日

ハクサイ1226 あけましておめでとうございます。今年も「屋上菜園日記」をよろしくお願いいたします。

さて話題は少しさかのぼりまして、昨年末の12月26日、社内仕事納めの模様をお送りしたいと思います。

こちらは11月17日にご紹介した不耕起栽培のハクサイです。キムチにするのが目標でしたが、やはり場所がせますぎたか生育ものびなやみ。今日の仕事納めの宴会に供することになりました。  
 
ハクサイ収穫 収穫しましたがやはり小さいですね。「これハクサイ?」という声もちらほら。
 
仕事納め準備 夕方、会議室では着々と乾杯の準備がすすんでいました。鍋も用意されています。
 
ハクサイ登場 お椀にもられて屋上ハクサイ登場です。
 
鍋に投入 煮立ってきた鍋に投入です!
 
ダイコンの塩漬け おいしく煮えるまでこちらをどうぞ。12月22日にご紹介した、屋上産オリジナルダイコンたちの塩漬けです。
 
鍋とりわけ ハクサイは鍋奉行にとりわけられました。葉が固かったのか、お皿からはみだしてますね・・・。みんなでおいしくいただきまし た。

今年もおいしい野菜、きれいな花、楽しい屋上菜園を目指してがんばります。また一年、ご愛読のほどよろしくお願いいたします。  

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

朝日新聞6/11書評掲載!
世界の田園回帰

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る