Requires a javascript capable browser.
特集フェア 新刊案内 雑誌ガイド 絵本・児童書 全集 ビデオ 加除式出版 ダイレクト注文

増刷 出来!
上柳昌彦あさぼらけで紹介!
伝統野菜をつくった人々

農文協屋上菜園日記

種モミのその後

2016年5月23日

 今日は朝から暑いですね。

日なたにいると、肌がジリジリと焼けるのを感じます。
もういい年だから、日焼け対策しないと……
 
さて、先週まいたイネの種モミたち。
どうなっているでしょうか。
 
こちら、バケツ直まき(じかまき)組その1。
おお、芽が出た!
 
その2。
 
ちょっ……イネどこ!?
 
発芽に必要な酸素を種モミに供給するため、バケツに水を貯めないでいたら、他の草の芽も我先にと生えてきました。
 
イネの葉もそれなりに伸びてきたので、イネ以外の草を手でブチブチちぎって、イネの葉が半分見える程度に水を少し貯めはじめました。
田んぼに水を張ることは、土が空気に触れないようにして、畑状態で生える草の発芽を抑えるという意味があることを思い出しました。
(水を張っていても生える草もあります)
 
イネの体の中には、葉から茎、根までつながっている「空気の通り道」があるそうです。葉から吸収した酸素を根に運ぶことができるため、根が水につかりっぱなしでも、腐らずに元気に生きていくことができます(畑でそだつ他の植物には、このような空気の通り道はないようです)。
 
 
こちらは、水中で発芽してしまった種モミを、土に植えて育苗しているもの。
屋上の強い風にさらされて、葉が一枚枯れてしまいましたが、なんとか生きのびたようです。
 
なんと、あの一番弱弱しい「もやし状態」だった種モミが、一番きれいでした。
こちら。
一枚も葉が枯れていません。先端まできれい。
この種モミのポットだけ、ペットボトルの風よけをずっとつけていたのですが、そのおかげで、乾燥から身を守ることができたんでしょうか。
あらためて、水中で発芽した葉は本当にデリケートなんだな、と思い知らされました。
風よけ、必須!
 
バケツイネ選手権のエントリーはまだまだ募集中!はじめるなら早い方がグッドです。気になる人はお早目にご連絡を。(ま)
 
●メールでのエントリー申込み先
noranora(アットマーク)mail.ruralnet.or.jp
※(アットマーク)を@に替えて送信してください
件名に「バケツイネ選手権参加希望」と書いて、名前、住所、電話番号、参加人数を書いてお送りください。人数分の種モミを後日お送りします。
 

種モミ、ピンチ!

2016年5月18日

 バケツイネに初挑戦している、毎日新聞の上東さんから、本日このようなツイートが。

 
 
 
おおっと!根も芽もかな〜り伸びていますね!
昨日の私と同じ!
最近あたたかいので、水に浸けて1週間足らずでこのように根も芽もひょろーっと伸びてしまうようです。
 
でも、昨日お伝えしたとおり、こんなふうに「モヤシ」状態になってしまった芽は、柔らかくてとてもデリケート。ちょっとした乾燥や直射日光で枯れてしまいやすいんです。
ここはガンバリどころですぞー!
 
 
この時期、私や上東さんのように、種モミの芽出しをやりすぎてしまう人が、他にもいるかもしれないと思い、こうなったときの対処方法を実験してみることにしました。
(園芸部名誉顧問のアドバイスを参考にしています)
 
実験材料はこちら。余った種モミを水に浸けたまま屋外に放置していたものです。
もう2枚目の葉が出始めています。
日に当たっている分、芽が緑色に色づき、心なしか硬くなっているようにみえます。
 
 (※芽をモヤシ状にしてしまった場合、全体を水に入れたまま1〜2日日に当てると、右のように芽が緑化して硬くなります。こうすると、モヤシのまま植えるよりは枯れにくくなるかもしれません)
 
それでは、これらを土に移植してみますね。
 
種モミから最初に出る小さい葉(鞘葉・しょうよう)より上の葉が、土の上に出るように土に埋めます。
芽(葉)が土のなかに埋まってしまうと、光合成もできないし、ますます弱って土中の微生物たちに分解されてしまうおそれがあるからです。
今回は市販の育苗培土を水で湿らせてポリポットに入れ、種モミを植えてみました。
 (乾いた土を使うときは、あらかじめ水を加えてよく混ぜて湿らせてから、ポットに入れるのがおすすめ。その後の水の吸収がスムーズになります)
 
先ほどの写真の「モヤシ状態」の種モミも、植えてみます。
 
 
次に、このポリポットを、水を浅く貯めた容器に浸けました。
 
こうすることで、土に安定して水が供給され、うっかり乾燥を防ぐことができます。
ミニ田んぼって感じですかね。
(もう少しマニアックなことを言うと、土を水びたし状態にすることで土中の酸素を減らし、酸素を必要とするカビの働きを抑え、苗が分解されるのを防ぐ目的もあるそうです)
 
 「モヤシ状態」の芽は、かなりデリケートな状態なので、2Lペットボトルの底を切ったものをかぶせて、風よけと保湿をしています。
 
これを数日明るい日陰に置いておき、元気が出てきたら、日なたに置いてみようと思います。
うまくいくかどうか、お楽しみに。上東さんもガンバ!まだまだ挽回できますよ!(ま)

バケツイネ選手権、はじまっています

2016年5月16日

今朝の赤坂屋上菜園。

ジャガイモやバラの花が咲き、夏野菜の苗はすくすく成長。 

お天気はくもり。さわやかな初夏の朝です。

今日はつよい風が吹くという予報ですが、赤坂ではまだそれほどではありません。

イチゴはまだまだ元気にかわいい実をつけています。
樹上で完熟させたイチゴって、香りも味も濃厚で本当においしいんです。
 
 
バケツイネもはじまっています!
「のらのら」編集部主催のバケツイネ選手権、あなたもぜひ参加しませんか??
こちらは、園芸部名誉顧問が手塩にかけてそだてているバケツイネ。
 
こちらはペットボトル栽培です。
ペットボトルは容器の容量が少ないので、乾燥しやすいのが難点。
こんなふうに大きな容器の中に入れて水を張っておくと、
うっかり水切れを防ぐことができ、夏場は水温が急上昇するのを防ぐこともできます。
おすすめの方法です。
 
名誉顧問の立派な苗をみて、ぐーたらな私もあわてて始動。
「バケツイネ選手権」エントリー者に無料配布しているコシヒカリの種モミをついにまくことにしました。
 
こちらが種モミ。そのまままくよりは、水に浸けて芽出しをしてから植えたほうが、早く確実に育ちます。
 
5月12日、芽出しスタート。
ペットボトルに新鮮な水を半分と種モミを入れて、シャカシャカふります。
1日1回は水を替えて、ときどきシャカシャカすると、種モミの発芽に必要な空気(酸素)を供給できます。
暖かい時期なら3〜6日くらいで発根します。
 
土日を経て、今朝見てみると……
ガーン!!!
根が伸びすぎてるー!
ていうか、芽も出てきちゃってる!
写真の状態は伸びすぎですので、よい子はマネをしませぬように。
写真下側の、ちょぴっと根や芽が出かかった状態のものが種まきには向いています。
 
根や芽が伸びすぎていると、植えるときに根や芽を痛めてしまったり、根付くまえに栄養を消費してしまい、その後の生育がうまくいかないことが多いのです。
わかっているのに土日をはさんで芽出しする私……計画性ゼロでおはずかしい。
 
 
あまり根が伸びていない種モミを選んで、土と水を入れたバケツに直まきします。
1バケツに5粒まきました(このあと、泥を少しかぶせます)。
バケツイネ選手権では、1鉢に1粒の種モミをまくのがルールなので、葉が3〜5枚になったら、元気のいい株1本を残して間引きします。
 
 
葉が2〜3枚伸びるまでは、種モミには酸素が必要なので、水は張らずに泥状の土にまきます。
  
スズメちゃんたちに食べられないように、不織布をかぶせて、一応タネまき完了(のつもり)。
直まきは初めて。元気に葉をのばしてくれますように!
 
 
あなたも、バケツイネ選手権に参加して、自宅や学校、職場でイネをそだててみませんか?
まだまだ間に合いますよ!
バケツイネ選手権にエントリーすると、種モミや栽培の手引きなどを無料で送ります。
興味のある方は、下記までメールをお送りください。
noranora(アットマーク)mail.ruralnet.or.jp
※(アットマーク)を@に替えて送信してください
件名に「バケツイネ選手権参加希望」と書いて、名前、住所、電話番号、参加人数を書いてお送りください。人数分の種モミを後日お送りします。
 
今年は、毎日新聞の生活報道部の上東麻子さんも、バケツイネ栽培に初挑戦しています。
家庭で田植え「バケツ稲」
ツイッターでも生育のようすをつぶやいていくそうです。ぜひフォローしてくみてくださいね。
 
イネが目のまえですくすくそだっていく姿を見るのは感動ものです。どうぞお気軽にエントリーを!
一緒にそだてていきましょう。(ま)
 
 

国際マメ年 マメを味わうイベントご案内

2016年5月9日

今年は国際マメ年!
 
ということを、前回の記事でご紹介しました。
じつは今週末、国際マメ年にちなんだ素敵なイベントが東京で開かれます。
 
「のらのら」で最近よく登場していただいている「一反百姓 じねん道」さんと、有楽町のオーガニックイタリアンレストラン、「ペル グラッツィア デル ソーレ」がコラボレーション。
 
じねん道一家が福岡正信氏直伝の自然農法でそだてた様々な豆を、伊崎裕之シェフが腕によりをかけて素敵なイタリア料理に!
おみやげとして、マメのタネもいただけるそうです。
じねん道さんと伊崎裕之シェフのトークも楽しめる!
 
 
◆◆『四季即是食う』の集い◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
“Shiki Soku Ze Kuu” Mangiamo da 4 Stagione
〜農と食と私〜 タネを蒔く、タネを採る、タネを食べる
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「花を知らんと思はば、まず種を知るべし」世阿弥『風姿花伝』より。
食べ物の旬を味わうように、繰り返す四季に想いを馳せ、
“農”〜タネ蒔きやタネ採りにも視線を向けながら、
“タネ料理”を食べる集いです。
今年は「国際マメ2016(IYP2016)」。 
「マメ」にフォーカスをあて、
一反百姓「じねん道」斎藤ファミリーが、タネを蒔き収穫した「マメ」を食材に、
ペル グラッツィア デル ソーレ 伊崎シェフがフィーリングで腕を振るった料理を味
わいませんか。
当日は、じねん道・斎藤ひろつぐ&ゆうこによる「自家採種のタネ」の販売もいたし
ます。
 
◆日時:2016年5月14日(土) 
ランチ/12:00〜15:00、 ディナー/18:00〜21:00
◆要予約 限定各30名
◆会場:ペル グラッツィア デル ソーレ
東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビルB1F
http://per-grazia.delsole-bios.com/access
JR有楽町駅徒歩3分、地下鉄有楽町駅、日比谷駅に直結
◆料金:ランチとディナー共に、4200円 (税込み/飲み物は別料金)
この料金には、じねん道の「食後のお茶1杯」と種蒔き用の「豆のタネ1袋」が含まれます
◆お申し込み&お問い合わせ
・ペル グラッツィア デル ソーレ(PER GRAZIA DEL SOLE)  
TEL: 03-5220-3300 
・一反百姓「じねん道」 
TEL&FAX029-889-0120
Email: jinendo2005★yahoo.co.jp(★を@に変え送信)
■詳細は、一反百姓「じねん道」ブログ  
http://blog.goo.ne.jp/hootenfarmer
 
「まってまーす!」(じねん道のみなさん)
写真は豆料理のイメージです(料理:じねん道)
ランチは満席となったそうですが、ディナーはまだ予約可能だそうです。
オーガニックな豆料理、気になる人はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?(ま)
 

今年は国際マメ年!

2016年4月8日

 問題です。

この植物はなんでしょうか?
 
ヒント1:マメ科の何か
ヒント2:動物の名前が入っている
ヒント3:最近人気
ヒント4:ガンバルゾー
 
 
 
 
 
 
正解はこちら!
みなさまご存知、ヒヨコ豆(スペイン語でガルバンゾ)です。
「のらのら」2015年冬号からはじまった連載、「プランターでおもしろ野菜」の記念すべき第一回でも紹介しました。
この連載の著者は、プランター菜園の達人主婦、菊池美香さん。
こちらのご本人のブログでも、じつに多種類の野菜を見事に育て上げているようすが紹介されています。
栽培の方法もかなり詳しくポイントをおさえて書いてあるので、すごーく実用的。
畑に負けない立派な野菜の写真の数々にも感動します!
 
 
さてさて、ヒヨコ豆の話の続きです。
連載をきっかけに、園芸部名誉顧問が栽培に挑戦。
寒い冬を無事に乗り越え、いよいよ花が咲き始めました。
 
花の直径は1.2p、ちっこくてかわいらしいのです。
 
しかし、この葉っぱといい、花といい、どこかで見たことがあるような……。
 
うーん、うーん
 
 
はっ!そうだ!
カラスノエンドウだ!
 
この葉っぱの感じ、似ていませんか?
花も色違いみたい。
葉っぱの大きさも、だいたい同じくらいです。
 
ただ、ヒヨコ豆のほうには、巻きひげがありません。
ツルでヒュルヒュル伸びていくというよりは、木のようにガッチリ根をはって生きているようです。
 
 
調べてみましたら、
ヒヨコ豆→ヒヨコマメ属
カラスノエンドウ→ソラマメ属
と、属名もちがうので、そんなに近い親類というわけでもなさそうです。
 
とはいえ、前々から、カラスノエンドウって、ほかのマメ科の植物と葉っぱの形や数がちがうよなーと思っていたので、似たやつを見つけてちょっとうれしくなったのであります。
 
ところでみなさん、今年、2016年は国際連合のFAOが定めた「国際マメ年」ということをご存じですか?
国際マメ年公式ホームページ
 
・マメは、タンパク質、ビタミン、抗酸化物質、食物繊維が豊富で、人の健康に役立つ食べものだ!
・マメ科植物は、根が根粒菌と共生するから、根粒菌が空気中のチッソを固定して植物に与えてくれるので、化学肥料が少なくても、やせた土地でもよくそだつ!
(お金や資源をムダ遣いしない、持続可能な農業だ!)
・おまけにマメ科植物を土にすきこんで緑肥にすると、連作障害を予防したり土が肥沃になる
こんなマメのすばらしさを、今年は世界中でもっと広めて活用していこうよ!という趣旨のようです。
 
厳密にいうと、ダイズとラッカセイは世界的には油用の植物ということで、この国際マメ年の対象にはなっていないようです。
が、日本人にとっては、ダイズを食べない日なんてない!くらいに大切なもの。
味噌、醤油、納豆、豆腐などなど、日本食には欠かせないですよね。若さやのエダマメは野菜でもあるし。
日本では、ダイズも国際マメ年の仲間に入れてあげてもいいのではないでしょうか。
 
ちなみに、来月5月2日発売予定の「のらのら」2016年夏号では、一反百姓「じねん道」さんの協力で、「マメをまこう!」という記事を掲載しますよー!
そだてやすくて、ちょっとおもしろい、いろんなマメたちが登場するので、どうぞお楽しみに!(ま)
 
 

おすすめ本〜今日の一冊〜

のらのら2016年春号 no.18のらのら2016年春号 no.18 ダイズの絵本ダイズの絵本

ミツバチ来訪!

2016年3月3日

 春の陽気になった3月3日、ひなまつり。

 
 
 
屋上では、ウメの花が見ごろを迎えています。
 
 
おおっ!
あなたは、日本ミツバチではありませんか!
ピンク色の豊後梅の花がお気に入りのよう。
触覚でさかんに花に触れて、なにやら確認しているようです。
ミツバチの触覚は、香りや温度、湿度までわかるそうです。高機能です。
 
日本ミツバチは、アジア原産の野生のミツバチで、西洋ミツバチにくらべて黒っぽく、ちょっとスリムな体をしています。
どこかに野生の日本ミツバチの巣があるのでしょうか。
 
 
こちらはおなじみの西洋ミツバチですね。
一心不乱にカブの花の花粉を集めています。
(誰か近くで飼っているのかな〜)
ハチたちも本格的に活動開始のようです。
 
 
2匹のハチをよーく見くらべると、脚につけた花粉の色がちがいます。
西洋ミツバチは濃いめの黄色、日本ミツバチはウグイス色。
園芸部名誉顧問の観察によると、日本ミツバチは黄色いカブの花には来ず、梅の花ばかりに来るそうです。
脚につけた花粉の色がちがうのは、訪れた花の種類のちがいからでしょうか?
ミツバチによって、花の好みがちがうのか……不思議がふくらみます。
 
花粉は、タンパク質のかたまり。
まだちいさい幼虫たちのごはんになります。
きっとミツバチの巣では、お腹をすかせた妹たちが待っているんでしょうね。
ミツバチのお姉さんたち、がんばれ!
 
「のらのら」2016年春号では、日本ミツバチの生態や飼い方を詳しく紹介していますよ!
「現代農業」でも大人気連載中のミツバチ名人、佐藤清さん(新潟県)を取材しました。
ぜひ、ご覧くださいね(ま)。

広島で読者のつどい!

2016年3月2日

 広島をはじめ、中国四国地方にお住まいのかた、必見です!

農文協の中国四国支部が主催する「読者のつどい」が、3月12日(土)に広島県福山市で開催されますよ!
 
テーマは「ワカモノたちの田園回帰」
 
メインゲストはなんと、『田園回帰1%戦略 地元に人と仕事を取り戻す』(農文協)の著者、藤山浩さん(島根県中山間地域研究センター)。
 
地方消滅の危機が叫ばれていますが、「毎年人口の1%を取り戻せば地域は安定的に持続できる」、そのためには「地域内循環の強化による所得の取戻し戦略が必要」と藤山さん。
農文協はいま、「シリーズ田園回帰」という全集を発行している真っ最中ですが、そのなかに収録されている上記の藤山さんの本は多くのメディアで話題になり、よく売れています。
 
今回の読者のつどいでは、そんな注目の藤山さんの講演をはじめ、実際に田園回帰を実現した若者たちとのパネルディスカッションも予定されています。
もちろん、参加者どうしの交流会もありますよ。
同じ関心をもつ人たちと知り合いになれるチャンス!
しかも、なんと入場無料です!(事前申し込みが必要)
 
移住や就農をお考えの方、最近移住されたかた、地域づくりに関心ありの方、ぜひお気軽にお越しください。
お申し込みは、農文協中国四国支部まで(ま)。
http://s.ruralnet.or.jp/?p=1330
(ホームページに掲載されている申込み用紙でFAXするか、メールで申込み)
 
 

メジロと河津桜

2016年2月26日

編集部の近くの赤坂サカスの河津桜に、メジロが来ていました(撮影・園芸部名誉顧問)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピンクと萌黄色の組み合わせがバツグン!
きれいで、かわいくて、すっかり春らしい風景。
まだまだ気温が寒い日が続いていますが、もう春はやって来ているんですね。

メジロは、桜の花の蜜をなめにきているのだそうです。




見てください! これは上下逆の写真ではありません。メジロが、このとおり逆さまになって枝にとまっているのです。ずいぶんアクロバティックな姿勢ができるんですね〜



新刊の『サクラの絵本』のなかに、写真と同じようなポーズのメジロが! (『まるごと発見!校庭の木・野山の木@サクラの絵本』より)

このページには、メジロのほかにも、桜の木を訪れるさまざまな生きものたちが紹介されていますよ(か)
 


おすすめ本〜今日の一冊〜

校庭の木・野山の木1 サクラの絵本校庭の木・野山の木1 サクラの絵本

タネ交換掲示板、大人気!

2016年2月22日

 「のらのら」2016年春号、いよいよ発売!

 
……と、お知らせするのがすっかりおそくなってしまいました。
お手に取って読んでいただけたでしょうか?
 
 
今回の特集のひとつは「ぼくらの菜園プラン」。
読者のわくわく畑プランを紹介したり、
せまい畑で多品目の野菜をつくるための、
ベテラン名人のワザの数々を紹介!
今年の畑が何倍も楽しくなること請け合いです。
 
この特集のなかでは、初めて「タネ交換掲示板」のことを
詳しく紹介しました。
2014年春からはじまったこの企画。
読者どうしが「のらのら」誌上の「タネ交換掲示板」を通して
タネを交換しあうというものです。
 
投稿の受付からタネの保管、マッチングしたタネの発送など、
事務のすべてを編集部助っ人のSさんが行っています。
 
種苗店では買えないめずらしいタネ、なつかしいタネが、
切手代だけでゲットできるとあって、
投稿が増えに増えています!
 
これは、そのほんの一部。
5歳のこどもから、70代のおじいちゃんまで、投稿者の年代もさまざま。
タネ交換掲示板がきっかけで、こどもどうし、大人とこどもの文通もはじまっていますよ。
これぞ「タネ友」!
 
こちらは本日届いたタネ。
食用ホオズキと、大量のポップコーン!
ポップコーンはほったらかし栽培だったのに、
獣害にも遭わずに豊作だったそうです。栽培初心者にぴったり。
食用ホオズキも、トロピカルな甘酸っぱい香りと甘みが最高ですよね〜。
ほかにもおもしろいタネ、いっぱい来ています。
詳しくは「のらのら」2016年春号をご覧ください。
 
 
今月に入ってから、あまりにも投稿が増えたので、
編集部でも対応が追い付かない状況ですが、
投稿してくれた皆さんにマッチするタネを春までに送れるようがんばっております!
しばらくお待ちくださいね!
 
まだ投稿してない方は、のらのら春号をゲットして、ぜひ付属の封筒をお送りください!
自分のタネは、入れても入れなくてもOKですよ。
 
※※投稿時の注意※※
ただし、82円切手を必ず同封してください!
今月に入ってから、3人の方が切手を入れずにお送りになっていますが、
切手が入っていないと、せっかくマッチングするタネがあっても
タネを送ることができません!(泣)
もし、これをみて「あれ、切手入れたっけ……」と不安になった方は、
いちど編集部までお問い合わせくださいね(ま)。
 
編集部のメールアドレス:
noranora(アットマーク)mail.ruralnet.or.jp
※(アットマークを)@に替えて送信してください

枝ごと凍ってる!?

2016年2月2日

週末に、山梨県の富士吉田市でこんな光景に出会いました。

枝ごと凍っています!

枝を包んでいる氷には気泡が少なく、まるで透明なガラスに包まれているみたい。

調べてみたら、これは「雨氷(うひょう)」という現象で、

ある条件のもとでしか起こらない珍しい光景とのこと。

偶然が重なり、こんなに美しい光景を生み出す自然って、ほんと不思議です。

 

※【雨氷】うひょう : 摂氏0度以下に冷却された雨滴が地物に触れた瞬間に凍結して,均質透明の氷の皮膜となったもの。[季]冬。(大辞林 第三版より)

※雨氷について、さらに詳しくはこちらを。 ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E6%B0%B7

氷に包まれて冷え冷えの枝たちも、じーっと寒さに耐え、あと2ヶ月もすれば

芽吹き始めるかと思うと、木々の強さにこちらの気持ちもひきしまります。

 

そして、そんな木々の不思議さがたくさんつまった絵本の新刊が発売になります。

ぜひ、ご覧ください(か)

 

「校庭の木・野山の木(全4巻)」 

@サクラの絵本 Aイチョウの絵本 Bマツの絵本 Cカエデ(モミジ)の絵本