全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

小さい秋

2016年9月23日

 本日の、小さい秋

二十世紀梨と、ローゼルの紅葉です。
 
二十世紀梨、さいきんあまり見かけなくなりましたね。
こちらは、「現代農業」編集部への農家からの差し入れでいただいたものだそうです。
ありがたや!!!
甘みとジューシー感で人気を博している赤梨(香水、豊水など)の陰で目立たなくなってきている二十世紀梨ですが、赤梨とちがって皮ごと食べられるのが魅力なのだそうです。
 
私も味見させてもらいました。
たしかに、皮が薄くて気にならない!
シャキシャキした歯ざわりがさわやかで、甘酸っぱくておいしいです。
二十世紀梨もいいですねえ。
 
赤い葉っぱは、先日ご紹介したローゼルの紅葉。
ガクや苞がまっかっかで、いかにもアントシアニン豊富!って感じでしたが、じつは葉っぱにもアントシアニンがたくさん含まれていたようです。
葉の緑色が抜けたことで、こんなふうに赤色がはっきりと見えるようになったんですね。
 
ここ数日、ちょっと肌寒いくらいの東京・赤坂。
秋が近づいてきています。(ま)
 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

ナシの絵本ナシの絵本 図解 ナシをつくりこなす図解 ナシをつくりこなす

ナメクジ?

2016年9月21日


なんだかお天気の悪い日が多くて、今日はずいぶん冷える東京です。

秋の七草のひとつ、ハギの花が咲いています。
秋ですねえ。


むむっ
ナメクジ?

でもなんか、尺が短いような……?


正面。
ちょっと笑っちゃう顔をしていますね。トドっぽい。イボみたいなのもついているし、、いったい何者?

ナメクジのわりに短くて、背中に甲羅のもとみたいなのが見えるから、カタツムリの赤ちゃんでしょうか。

でもカタツムリの赤ちゃんって、すでに小さいカラを背負っていたような。


彼が何者かご存知の方は、どうぞのらのら編集部にご連絡ください。


ヒガンバナも咲きました。
暑さはひと段落でしょうか。秋ですねえ。。(な)

制作チームの声

2016年9月15日

キューコン

テンコちゃん

ブチョー


アナログなかんじで今日の東京の空模様をお伝えしてみました。

今日は中秋の名月ですが、夜までに雲は晴れるでしょうか。
編集部はいま、『のらのら』冬号の締め切りを目前にして、ときに熱く、ときに冷たい汗をかきながら、鋭意進行中です。


編集部は3人ですが、『のらのら』をつくるのに関わっている人は、もっとたくさんいます。
『のらのら』のキャラクターの消しゴムハンコをつくってくれたのは、記事のレイアウトや、デザイナーさんたちとのやりとり、進行のチェックなどをしてくれている、制作チームのTさんです。

キューコンは発泡スチロール、ブチョーとテンコちゃんは消しゴムを彫ってくれたそうです。上手ですねえ。


がしかし、原稿を完成させて、どんどん制作へまわさねばならないこの時期に、Tさんが彫りものをしているヒマがあるということは、原稿があんまり来ていませんよ、手持無沙汰ですよ、というアピールだったりして……と、深読みしてしまう編集部。。が、がんばろう!

ちなみにブログの更新も、「あまりサボらないで」というお達しが、ブログの制作チームから届いています。。


『のらのら』の編集が本格的に始まると、ついつい更新が滞ってしまうので、いつも心にとめておけるよう、制作チームのFさん・ミニを、パソコンにあしらわせていただくことにしました。これでブログの更新もばっちりです!(な)

おすすめ本 〜今日の一冊〜

月と農業月と農業 現代農業 2015年4月号現代農業 2015年4月号

ローゼルの秘密

2016年9月10日

 昨日、ローゼルの花のお話を書きました。

そうしましたら、読者の方からご指摘をいただき、一部の表現が適切ではなかったことがわかりました。
お恥ずかしや!申し訳ございません!
というわけで、反省ながら、もう一度ローゼルのことを記事にしたいと思います。
 
昨日はローゼルの花がお茶になると書いてしまったのですが、正確には、「花びら」ではなく、花が咲き終わったあとに残った「苞(ほう)」と「ガク」の部分がお茶になるそうなのです。
書いていた時点では、てっきり花びらだと勘違いしていたのです。
なんとなく書いてはだめですね〜
 
でも、昨日見たときは、咲き終わったあとの苞とガクの姿、気づかなかったよなあ……。
もう一度見に行ってみよう。
 
で、撮ったのがこちら。
 あ、あれ……?
蕾と花しかないぞ。
咲き終わったのはどれじゃ???
てっきり花が咲いたあとは、ガクや苞が開きっぱなしになっていると思ったのですが。
 
もしやと思い、写真のAとBの蕾をいただいて、開いてみることにしました。
 
これが開く前。
蕾の下の方のツンツンしているのがガク。
ガクの上から花びらのように伸びて閉じているのが苞です。
 
 
これを開いてみると……
 おおおお!!!!
中身がちがう!!!
 
Aのほうは、花が咲き終わって実がふくらみはじめています。
花が咲くときにいったん苞が開いたあと、実を守るために閉じるんですね。
これは知りませんでした。
このあと、実が成熟するにつれて、苞はどんどんふくらんでいくそうです。
 
Bのほうは、これこそ蕾。
花びらがコンパクトに収納されています。
ピンク色の花が咲く品種なのですが、蕾のときはまだオクラの花のように黄色なんですね。
咲く前に摘んじゃってごめんなさい。
 
それにしても、ガクも苞も黒に近い真紅色。
間近で見るとその色の濃さにほれぼれします。
アントシアニンたっぷりなんでしょうね。
暑さと強い日差しにさらされる熱帯の植物は、じぶんの身を酸化ストレスなどから守るために、抗酸化物質をたくさんつくって大切な部分を手厚く保護するのでしょうか。
自ら移動できない分、生きるのに必要なものはなんでも自前でつくりだせる。
植物は究極の自給生活の達人であり、すばらしいクリエイターだなあ、と思う今日この頃です(ま)。
 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

のらのら2016年春号 no.18のらのら2016年春号 no.18

アオイ科の花たち

2016年9月9日

 夏の入道雲と、秋のウロコ雲。

2つが共存する本日の赤坂の空。季節の移り変わりを感じさせてくれます。

と書いてみたものの……まだまだ暑い暑い!
今日も熱風が吹いておりますよ。
 
さて、そんな赤坂屋上菜園では、こちらの花が最盛期を迎えています。
 
なんの花かわかりますか?
 
そういえば、道端でも似たような花をよく見かけますね。
タチアオイっていうんでしたっけ。
でもね、それじゃないんです。
同じアオイ科なんですが、こちらは食用。
 
つぼみはこんな感じ。
まっかっかでございます。
 
ハーブ好きの方ならおわかりですね。
そう、ローゼルです。
乾燥した花にお湯を注ぐと、
ピンク色がきれいなハイビスカスティーになります。
 
きれいだな〜!
この色はアントシアニンという色素です。
アントシアニンは、酸性の水に溶けるとピンク色になり、
アルカリ性の液にとけると青色になるという性質があるのですが、
ローゼルの花にはクエン酸という酸がふくまれているので、
お茶がピンク色になるみたいです。
ビタミンCも豊富で、美肌のハーブティーとしても人気が高いそうです。
 
ローゼルには、白い花とピンクの花の品種がありますが、
屋上のはピンクの花のほうみたいですね。
ローゼルは沖縄が北限とも言われますが、温暖化の影響もあってか、今年は3本すくすくとそだってくれたそうです(園芸部名誉顧問談)。
 
 
屋上菜園では、ローゼルの親戚の花もいっぱい咲いております。
 
こちらは花オクラ。大きな花びらがとても美しい。
正式な名前はトロロアオイといい、その根っこからとれるトロトロ物質は、和紙づくりに欠かせない「ネリ」として利用されています。
 
 
 
こちらは、ちょっとめずらしいベニオクラ。
 
 
こちらはワタ。白い和綿の品種。
 
こちらもワタなんですが、綿の部分が緑色になるめずらしい品種です。
花びらがヒラヒラしていて、バラみたいでかわいい。
 
これらの植物は、みんな「アオイ科」。
アオイ科の花はほとんど朝開いて夕方にはしぼんでしまう「1日花」ですが、ローゼルはとくに開花時間が短く、昼前にはしぼんでしまうそうです。
9月は日本全体で例年より気温が高くなる見通しとか。
熱帯出身のアオイ科の花たち、もう少し私たちの目を楽しませてくれそうです。
 
 

めずらしいオクラのはんこ

2016年8月5日

これは、消しゴムはんこではなく、オクラの断面を利用した“天然のはんこ"です。

かわいい花模様❤❤コスモスみたいにも見えます。

でも、「あれ?これがオクラ?オクラって型のはずでは?こんな感じの↓」と思いますよね。

そう、普通は五角形ですが、今回はんこになったオクラは、角を数えてみると…10角! 「ダビデの星」という品種で、イスラエルが原産といわれているちょっとめずらしいオクラです。

実と葉っぱはこんな感じです。

※「ダビデの星」の花の写真や、オクラのネバネバのお話など、『のらのら 8号』(2014年秋号)の52〜55ページに載っています!

 

 

おまけ:1週間ほど前のことですが、屋上に赤とんぼ発見。真夏ですが、綺麗な赤色に、少し秋を感じました(か)

 

ミツバチイベント、開催!

2016年8月3日

 いよいよ8月。夏休みまっただなかです。

こどものみなさん、元気にあそんでいますか?
大人のみなさん、夏バテしていませんか?
 
さて、じつは昨日8月2日(ハニーの日)、神保町にある農文協直営書店「農業書センター」で、ミツバチをテーマにこどもたちの夏休み自由研究応援イベントが開催されました。
 
こちらのイベントは、「毎日小学生新聞」と「のらのら」編集部の共同企画。
農業書センターで飼っている西洋ミツバチの巣箱の中を見せてもらい、ハチミツ搾りやみつろうキャンドルづくりも体験しちゃおう!というぜいたくなイベントです。
 
毎日小学生新聞での募集は大人気!高い倍率をくぐりぬけ、選ばれたこどもたち15人が集結しました。
まずは、ミツバチのくらしについてのかんたんな説明(「のらのら」もしっかりPR)
 
次に、農業書センターのバルコニーに出て、養蜂家の荻原健一さんから、巣箱の中を見せてもらいます。
女王バチ、見つかったかな?
 
農業書センターの店内では、ミツロウキャンドルづくりに挑戦。
湯せんでミツロウを溶かし、お菓子用のシリコンカップに注いで固めます。
 
 
ミツロウの中に、クレヨンを薄く削ったものを入れて溶かすと、色もつけられるんですよ。
 
くまモンのでべそロウソクが完成!火をつけるとおなかが熱そう……
 
こちらの女の子がつくったのは、金魚鉢風ロウソク。かわいい!
 
 
続いて、遠心分離機をつかったハチミツ搾り。
荻原さんが、蜜のいっぱい詰まった巣枠を分離機に入れます。
 
ハンドルを回すとふわ〜〜っと広がる蜜の香りに、歓声が上がります。
 
巣のはじっこを味見。おいしい〜〜〜!けど、ミツロウがガムみたいに口のなかに残るみたい。
 
ひとり1ビンずつ、ハチミツをお土産に詰めてもらいました。うれしいね!
 
最後は、養蜂家の松丸雅一さんへの質問タイム。
松丸さんは、千葉県市川市を拠点に養蜂業を営む、プロの養蜂家。
荻原さんの師匠でもあり、特別に今日は駆けつけてくださいました。
 
 
こども「ハチに刺されませんか?」
松丸さん「もちろん、よく刺されるよ。スズメバチに刺されるとすごく痛いけど、もうミツバチに刺されても何とも思わなくなっちゃった」
 
こ「雨の日はミツバチはどうしているんですか?」
松「羽が濡れるとうまく飛べないし疲れるから、雨の日はあまり外に出ないで、巣箱のなかにいるよ」
こ「雨の日は、食べものはどうするの?」
松「はちみつや花粉を巣の中にいっぱい蓄えているから、外に出られなくてもひもじい思いはしないんだよ」
 
お母さん「どうして養蜂家になったんですか?」
松「もともとうちは果樹農家で、受粉にミツバチをつかっていました。納屋の外に空きの巣箱をたくさん重ねておいたら、ある年、日本ミツバチが4群ぐらい住みついたんです。そのうち1群が、秋に箱を持ち上げたらずっしりするくらい、たくさんのハチミツを蓄えてくれた。そのときにすごくうれしくて、ミツバチに興味を持ちました。
その後、役所からミツバチの駆除を頼まれたりして、回収したミツバチの群を飼育するうちに、どんどん増えていったんです」
 
ちなみに荻原さんのほうは、勤めていた会社を定年退職してからミツバチを飼い始め、自宅近くの板橋区内で40群以上飼っているそうです。
「もっとはやくミツバチに出会っていればよかった! 勤め時代の仕事より何倍もやりがいがあります」と荻原さん。
 
このイベントのはじめに、ミツバチを飼ってみたい人は?とこどもたちに聞いたら、ほぼゼロでした。
荻原さん、松丸さんが語る養蜂の魅力を聞いて、いつか飼ってみたいな、と思ってくれたらうれしいですなあ。
 
最後にみんなで記念撮影!
 
みんな、これからもミツバチのこと、いっぱい調べてみてね!
 
農業書センターには、荻原さんのミツバチ巣箱がいつも設置されています。
見てみたい方はお気軽に店長にお声かけくださいね(ま)。
 

次号「のらのら」は、草の特集!

2016年7月26日


「ねこじゃらし」は、小さなこどもも知っている雑草です。
正式名称は、「エノコログサ」。青々、ふさふさ、今がまっ盛り。
来月発売になる、「のらのら」秋号の主役は、夏から秋にかけてそだちまくっている、草。この、エノコログサも登場します。


よく知ってる草だけど、色や形や大きさが、すごーくいろいろあるということ、知りませんでした。

これ、ぜーんぶ「ねこじゃらし」!

穂の毛が紫色のムラサキエノコロ、金色(!)のキンエノコロ、穂の先が垂れ下がるアキノエノコロ……
種類があることも驚きですが、生える土が肥えていると穂が大きく太くなり、痩せていると穂は小さくなるそうで、その姿はひとつとして同じものはないんじゃないかと思えるほどなのです。



ムラサキエノコロは、葉にも少し紫色が。
次号では、エノコログサをとってもステキに「つかえる」技を紹介します。こうご期待……!(な)

子育てするカメムシ

2016年7月7日



背中のハートがかわいい!エサキモンキツノカメムシです。
ハートも気になりますが、もっと気になるのが、葉っぱについたつぶつぶ。卵だー!
このカメムシは、お母さんです。



数日後の同じ葉っぱ。まだ、卵の上にいます。あ、よく見ると、卵じゃなくて、孵化したばかりの一齢幼虫でしょうか、お尻のとんがりが見えます。

虫といえば、卵を産んだら力果てて死んでしまうイメージでしたが、いくつかの種類のカメムシは、こうして卵を産んだ後、覆いかぶさるようにして「こそだて」するのだそうです。
『カメムシ−おもしろ生態と上手なつきあい方−』を読んだ読者(職員)の一人が、この本に紹介されている通り6〜7月に観察してみたら、ほんとうに発見してしまったのだそうです。

『カメムシ−おもしろ生態と上手なつきあい方−』の24ページには「ミズキはツノカメムシの出会いの場」、36.55ページには、「背中にハートマークをもち卵を守るエサキモンキツノカメムシ」といった記述があります。



ほかの虫や、動物や、雨風から、卵を守ります。



これは、二齢幼虫くらいでしょうか。
このくらい大きくなると、お母さんの姿はなくなります。
こどもたちがワラワラと巣立ちはじめたのを見届けて、お母さんは羽を伸ばしに行くのでしょうか。たぶん、死んじゃうんだろうなあ。


卵を産むのはミズキの木が多いそうです。今の時期、ミズキの木の葉っぱの裏を探してみたら、お母さんカメムシに出会えるかもしれません。1枚の葉っぱに、数匹のお母さんが卵をまもっていることもあるようですよ。

ミズキの木。葉に光沢があり、春には白い花を咲かせます。公園や畑の近くに残る林などに、ごくふつうにみられる木です。(な)

農家ヨガ

2016年7月5日

ややっ屋上にオットセイが
 


相討ちか……


というのは冗談で、初夏の空の下、みんなでこり固まったカラダをほぐそうと、農家ヨガにいそしんでいるところでした。

農家ヨガというのは、千葉で半農半ヨガ的生活をおくる溝口優子さんが、現代農業で昨年1年間連載していたものです。

ひねったり、のばしたり、けっこうな運動です。最初は「ううっ……」となりますが、続けているうちに気持ちよくなっていくようです。先生役の編集担当は、これでおなかまわりがすっきりしたとかしないとか。

ルーラル電子図書館の会員さんは、電子図書館の農作業ビデオの、くらし・健康コーナーから動画が見られますよ。(もちろん、屋上の様子ではなくて、溝口さんの)


アップが遅くなってしまいましたが、これは5月末のこと。外でのびのび体を動かすのにちょうどよい季節でした。いま屋上で同じことをしたら、きっと暑さで伸びちゃうことでしょう。。(な)

おすすめ本 〜今日の一冊〜

バランス操体法バランス操体法 二人ヨーガ 楽健法二人ヨーガ 楽健法

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

加工・保存・調理をこの1冊で!
柿づくし

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る