全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

6月のバケツイネ

2017年6月26日

バケツイネをそだてているみなさん、イネの調子はいかがですかー?

赤坂屋上のバケツイネは、こんな感じです。

分げつも進んで扇のように広がってきました。

この時期の少年のような若々しい姿も、かっこいいですなあ。

茎にはイネの証「葉耳」(ようじ)もできてきています(姿が似ているヒエには葉耳がついていないので、葉耳が見分けるポイントとなります)。

現代農業編集部のIさん曰く「ちょっと毛の伸びたおじいさんの耳っぽい」。たしかに、耳っぽい……。

 

じつは、今年は苗を定植したバケツイネはまだ3つ。今年はイチゴやエダマメなどをプランターにたくさん植えたので、バケツイネ用の土が不足気味。土が確保でき次第、順次「代かき」「田植え」となる予定です。

田植えを待つ間、大き目(5cm角くらい)のポットに移植して、超大苗プール育苗にしています。この苗たちも分げつを始めています。

 

ところで、「のらのら」読者の方から5月にもらったこちらのマコモタケ。

定植から一か月たち、ドドーンと大きくなってきました。

イネよりもさらに幅広で長い葉っぱが力強いです(1バケツに2株はやっぱり植えすぎだったなあ)。

カワイイ手のひらサイズの矢印のような葉っぱだったクワイも、葉がぐわっと大きくそだっています。(ま)

 

タマムシにたまげた!

2017年6月23日

先日、昼休みの屋上で、編集局のTさんが見つけたタマムシ(ヤマトタマムシ)です。

なんと美しい!!!

さすが、もっとも美しい虫といわれるだけはありますね〜

細い脚の先まできれいな虹色です。

こんな大都会にもいるんだなあ。

 

タマムシといえば、奈良の法隆寺の国宝「玉虫厨子」。

何千羽分ものタマムシの羽がつかわれたそうです。

タマムシの羽の色は、その死後も色あせることなく、輝き続けるのだとか。

 

私もこの目で見たかったのですが、すでにどこかに去っていった後でした。残念!

植物や水辺があると、いろんな生きものがやってくるんですね。(ま)

夏野菜の初物

2017年6月22日

昨日はしっかり雨が降りましたが、今日は梅雨の晴れ間で蒸し暑い赤坂です。

(あ、ブログの更新が一か月ぶりになってしまいすみません!)

屋上では、夏野菜たちがすくすくとそだっています。

手前はエダマメ、その奥にミニトマト、カボチャ、キュウリの姿も見えます。

 

 

在来品種のキュウリ、ナス、カボチャたちの初物が収穫できる頃合いとなりました。

相模半白キュウリ。芸術的なグラデーション。

 

新潟十全ナス。まんまるでかわいい。

 

越後白ナス。ほんとに真っ白!

 

金糸瓜。いわゆるそうめんカボチャですね。

 

並べると、色や形がおもしろくて、アートな感じです。

採りたての塩もみはおいしかった!

越後白ナスはレンジでチンしていただくと、トロトロホクホクで甘みもあり、どことなくおいものような風味でした。

ああ、ぜいたく(食べるばっかりの編集者、ま)。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

地方野菜大全地方野菜大全 のらのら2017年夏号 no.23のらのら2017年夏号 no.23

水辺の仲間たち

2017年5月22日

 東京は夏のような陽気が続き、植物たちがもりもりと茂っております。

こんな暑い日は、ビオトープの水辺植物たちにいやされます。
葉っぱだけでは、なんの植物なのかわからないイネ科の植物たちと、セリなどが、巨大タライでこんもり。
 
先日、秋田県の『のらのら』読者の方から、マコモタケの苗を送っていただきました。
これはありがたい!
『新特産シリーズ マコモタケ』の編集を担当したH君が、大きなタライのなかでマコモタケをひそかにそだてていたのですが、のらのらチームは初挑戦です。
さっそく昨年バケツイネをそだてていたバケツに、植え付けました!
こんな感じでいいのかな。密植すぎ?
 
おとなりでは、こんなめずらしい葉の植物もそだっています。
クワイです。お正月の高級食材が屋上でつくれるとは……!
鏃(やじり)のような葉の形がかっこよくて、観葉植物にしたくなります。
 
 
さて、読者のみなさんから送っていただくものというと、「タネ交換掲示板」(通称タネ友)の投稿がたいへんなことになっております。
これ、たった3日のあいだに届いた封筒たち。
 
1日5〜6通到着しており、まったく途切れる気配がありません。こんなペースで投稿がくるのは初めてです。
編集部は大混乱もとい、大感激で受け取っております。本当にありがとうございます!!!
珍しい野菜品種が人気ですが、麦やワタ、ダイズにジュズダマといった、みんな知ってるけど種苗店で意外と売ってないタネの希望も多いんです。
プロ農家向きのタネ袋は、家庭菜園ユーザーには多すぎますしね。
 
 
タネ交換掲示板は、『のらのら』編集部が事務局となって、読者どうしのタネの交換をおこなっています。
読者から送られてきたタネを保管し、掲示板の記事にのせ、欲しいと投稿してくれた読者に送るというもの。
子どもと大人、農家と主婦など、タネ友どうしでつながりが生まれ、文通をしてる人たちもけっこういます。
いまどき、見ず知らずの人と文通って、とっても素敵だと思いませんか?
 
『のらのら』が2017年夏号で休刊するため、タネ友は7月の発送が最後になります。
タネ友ほしい!ちょっと変わったタネほしい!という方、のらのら夏号をゲットして、付属の封筒でぜひ投稿してくださいね。
最終締め切りは6月30日。あと一か月ですよ〜。(ま)
 
 

のらのら2017夏号、発売!

2017年5月10日

お知らせがちょっと遅れましたが、ついに発売しました!

のらのら2017年夏号です。

この号が、休刊前の最終号となります……ッ!(泣)
 
休刊する雑誌は、これまでの総集編のようにつくられることが多いらしいですが、「のらのら」はのらのららしく、さいごまで全力投球!
新ネタをこれでもかと詰め込みました。
さいごまで、濃厚にお楽しみください。
 
 
特集は、「植物パワーをミカタに! つくろう"魔法の液体"」
好評だった魔法の液体シリーズの第三弾です。
今回は、植物がじぶんの身をまもるためにつくっているいろんな物質に注目。
そのお宝を魔法の液体にして、畑や暮らしに生かしちゃおう! とたくらみました。
 
おすすめは「柿渋」記事。
最近は、加齢臭防止になるとかで柿渋せっけんをよく見かけるようになりましたよね。
柿渋には殺菌・消臭・防腐・防水・防虫効果があります。
せっけんに混ぜて手や体を洗うのはもちろん、虫刺されのかゆみ止めになったり、ハミガキにつけて虫歯や歯周病の予防にも。
昔から、壁に塗って防腐・防虫にしたり、漁網にぬって網の強度を高めたりと生活にも使われてきました。
 なんと、二日酔い予防にもいいらしいです……なぜ効くかはこちらの本をご覧ください。
 
自然派生活にもってこいの柿渋ですが、柿渋せっけんは高級だし、自分でつくろうとすると、なかなか大変だったんです。
渋柿を2〜3年も発酵熟成させないといけない。しかもクサイ!
従来型のつくりかたの例
 
 
ところが最近、画期的な技術革新が!
最短でたった2日で純度の高い柿渋が抽出できる方法を、奈良県が開発したんです。
しかもクサくない! さすが柿の産地!
ご家庭にある圧力鍋やミキサーをつかって子どもたちにも簡単にできる方法を、
「のらのら」では超わかりやすく紹介していますよ!
渋柿の青柿さえあれば、ほとんどお金をかけずにつくれちゃう。
これだけでも保存版です。
 
こどもと一緒に楽しめる、豆乳柿渋染めも紹介。
(写真・依田賢吾、中央が奈良県職員のM崎貞弘さん)
豆乳でお絵かきしたところが濃く染まって楽しいですよ〜。
 
 そうそう、柿渋のつくり方やつかい方、柿を200%楽しむアイデアがつまった単行本、『柿づくし』もおすすめです。
柿渋のスピード抽出法を開発した奈良県職員のM崎貞弘さんが著者です。宝物になります!
 
 
 
全国の農業少年たちが集結して近況や夢を語ってくれる「のらぼーず、のらガール大集合」にも注目です。
のらガール、のらぼーずどうしの文通記事、おもしろいです。
ぜひ読んでほしい!
じつはこちらから見られます(リンク先はPDF)。
 
そのほかにも、最近ジワジワ増えている外来植物ナガミヒナゲシが、じつはかわいいクラフトづくりに超つかえる!という話や、デーリーポータルでもおなじみの加藤まさゆき先生による「いろんな庭木カンキツでマーマレードをつくって味比べする」というマニアックかつ興味深い実験、ミミズやダンゴムシなどの土壌動物が畑で重要なはたらきをしている話、イチゴやブルーベリーなどの身近な果実を発酵させてパンをつくっちゃう方法(意外と簡単!)など、今すぐ実践できるアイデアを全力投球!
 
ホームページにて詳しい目次も載っています。
きっとあなたがやってみたい記事があるはず。ぜひお求めください。
 
 
「のらのら」は、こどもや大人読者の関心や悩みに同じ目線でじっくり向き合い、編集部も自分の好奇心を全開にしてのめりこめる、とても幸せな雑誌でした。
休刊をおしんでくださるお手紙も、たくさんいただきました。
編集部一同、心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
読者の皆さんの、"のら"への愛と無限の情熱が、この本の魂だったと思います。
 
このブログは、これからも元編集部娘3人を中心に、ぼちぼちと続けていきたいと思います。
あなたの"のら部活動"のお便り、引き続きお待ちしていますよー!
noranora(ここに@入れてね)mail.ruralnet.or.jpまで、お気軽にどうぞ。
 
 
バケツイネ選手権も引き続きご参加ください!月刊『現代農業』にお引越しして、今年も開催します!(ま)
 
 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

のらのら2017年夏号 no.23のらのら2017年夏号 no.23 柿づくし柿づくし

イチゴ狩り

2017年5月8日


すっかり初夏ですね。
連休中は田植えをされた方も多いのでは。ごくろうさまです。こちらもバケツイネ選手権にむけて、そろそろ始動しなければ。

数日見ないだけでずいぶん緑が濃くなったような屋上。主役は、だんぜんイチゴです。


連休前、こりゃ休み中に熟れ熟れだぞ(でも食べる人がいない!)と思い、連休中にわが子を連れて屋上にイチゴ狩りに来ました。遠慮のない幼児2人が赤い実を競うようにとりまくり、あらかた食べ尽くし(てしまっ)た!と思っていたのですが、今日来てみると、赤い実がごろごろ。甘い香りがぷんぷん。またまた大収穫。

プランターと鉢十数個で、苗はきっと30株以上あるのでは?これくらいあると、この季節は毎日ケンカしないでイチゴ狩りができますね。


完熟してぶにゅぶにゅになった実をつぶしてみたら、中でアブの子?を発見。どこの子もイチゴがすきねえ。
甘い実の中を、泳ぐように、もにょもにょと、、

幸せそう。(食べる手はしばし止まります)


指にイチゴのにおいがついたままの午後。ああしあわせ(な)
 

ピンクはなんのため?

2017年5月1日

昨年あたりから実をつけはじめた屋上のリンゴ。
(苗からそだてたのではなく、実生です!)
少し前に満開になりました。東北・岩木山麓のリンゴより、2週間ほど早いようです。


リンゴの開花は、鮮やかなピンクから白への変化がとてもドラマチックで美しい。


つぼみは鮮やかなピンク


ピンクが薄くなった、開花直前のこの時期は、風船のように膨らむので、バルーン期というそうです。


つぼみの写真から5日後。ピンクはどこへ?真っ白な花を咲かせました。


なぜ花が咲くとピンクが消えてしまうのか……
植物は気まぐれで色をつけるわけではありません。
植物はつよい日差しから花を守るために、色づくことが知られています。リンゴも、花を守るために、こんなに鮮やかなピンクに色づいているのかもしれませんね。
ピンク、身を守る色……(な)

リン酸としてじわじわと

2017年4月19日

カメ吉の訃報を聞きつけた各方面のみなさまより、お悔やみの言葉をいただきました。この場を借りて感謝とお礼を申し上げます。ありがとうございます。

本日埋葬いたしました。

 

窓辺は初夏のような気配ですね。赤坂の古いビル。空調いらずの季節は気持ちがいいです。

 

きのう、園芸書Gの古老・まるやまさんから、せっかくキレイに骨が残っているんだから、骨格標本にしてみれば?とご意見を賜り、なるほどー!と、つくりかたを調べ、やるきまんまんになっていたのですが、、、

昨晩、カメ吉によく似たミドリガメに指を噛みつかれ、いくら引き離そうとしてもぜんぜん離れない!!!

という夢をみました。

今朝目覚めてすぐ、骨格標本はやめて、ふつうに埋葬してあげよう、と思いあらためたのでした。

標本ってカラカラに乾いちゃうし、カメにはうれしくないよね。ごめんごめん。。。

でもただ埋めるだけではナンなので、埋葬したプランターには、夏に長く咲いてくれる、千日紅のタネをまきました。花が咲くのが楽しみです。

 

骨粉肥料は、リン酸がじわじわ効くそうですが、カメの甲羅と骨はどうなんでしょう。

ついでに遅ればせながら、ヨーグルトカップのたねまきをはじめました。(な)

春は出会いと別れの

2017年4月13日

悲しいお知らせです。

数年前、公園でさまよっていたところを保護され、屋上で自由気ままにくらしていたミドリガメのカメ吉が、天に召されました。

と言っても、いつ死んでしまったのかはわかりません。

 

完全に白骨化し、甲羅のなかは骨だけの状態でした。

それにしても、肉がまったくなくなっても、甲羅は硬いまま。がっちがちで、すぐに土に還りそうな様子はありません。

埋葬しても、しばらく先まで形をとどめていることでしょう。骨といっしょですね。

 

タンポポはもう綿毛をとばして、いのちを次につなげようとしています。春です。。

バケツイネ選手権2017!!!

2017年3月30日

水ゆるむ。と思ったら水凍るような寒さに震えたり、
春なんだか、冬なんだかを行ったり来たり。まさに三寒四温、これぞ春ですね。


そして、お待たせいたしました。バケツイネ選手権2017開催のお知らせです。

今年は戦いの場を、『のらのら』から『現代農業』にうつします!

ルールに変更はありませんが、「エントリー」が必要なくなり、下記特設サイトから、記録用紙、ワークシートなど一式をダウンロードできるようになりました。

挑戦を決めたら、まずはサイトにアクセスして用紙一式をダウンロードし、じぶんでどんどん記録していきましょう!

ここをクリック↓
★バケツイネ選手権2017★



■バケツイネ選手権とは?
・バケツイネの収穫量コンテスト。「1粒の種モミを、何粒に増やせるか」を競います。
自ら創意工夫して1粒の種モミの可能性に挑戦し、その生命力を目の当たりにしたい、1本植えによるイネつくりのおもしろさを味わいたい人はどなたでも参加できます。年齢制限はなし。今年で6回目です。

■ルール
・イネの品種、土、肥料、播種時期など、栽培方法は自由。参加費は無料。
・決められた容量の容器をつかい、イネは必ず1本植え(1粒の種モミから発芽した苗)とする。苗をつくって田植えするか、直まきにする(種モミを直接バケツ田んぼにまく) かは自由。

■部門
・バケツ部門:20L以下の容器を使い、1本植え。下の2つのどちらかの部を選んで記録提出。
【プロの部】稲作農家、農業指導者・研究者などのイネの専門家
【一般の部】プロ以外誰でも参加できる
・ペットボトル部門:2L以下の容器を使い、1本植え。プロアマは問わない

■表彰
・各部門とも1位の方には図書カード5,000円分と表彰状を授与(3位まで副賞あり)。
・結果発表は「現代農業」誌上で行う予定。

■応募方法
・バケツイネ記録用紙とアンケート用紙に必要事項を記入の上、写真を添付し、2017年12月8日(月)までに農文協「バケツイネ選手権係」に郵送で提出(当日消印有効)。 メールも可。

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

朝日新聞6/11書評掲載!
世界の田園回帰

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る