全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

片品村のカヲルさん 人生はいーからかん

書誌詳細情報

片品村のカヲルさん 人生はいーからかん

著者 カヲル組

定価 1,620円 (税込)

ISBNコード 9784909753038

発行日 2019/04

出版 ヘウレーカ

判型/頁数 四六 112ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

群馬県の豪雪地帯・片品村で農業を営む須藤カヲルさんが、『うかたま』の人生相談コーナーに82歳でデビューして10年。ゆるっと「いーからかん」(カヲルさんの口ぐせで、いいかげん、好い塩梅の意味)な回答が人気を集め、ご長寿コーナーとなりました。
その答えの中から「面白い」「役立つ」「癒される」ことばを、カヲルさんをリスペクトする女性たちが拾い出し、写真と組み合わせて一冊にまとめました。

著者

カヲル組 (カヲルグミ) (編)

カヲルさんをリスペクトする、しまざきみさこ、高木あつ子、瀬戸山美智子のユニット。合言葉はもちろん「いーからかんでいこう」。

●しまざきみさこ(文&構成)
編集者。フリーランスとして旅・食・農・手仕事などをテーマに雑誌、書籍、Webに携わる。現在はイベントや商品企画なども手がける。季刊『うかたま』では編集統括として、カヲルさんの連載を企画。

●高木あつ子(写真)
フォトグラファー。第一次産業周辺の撮影が得意。10年前の取材でカヲルさんと出会って以来、片品村に通ってカヲルさんの写真を撮り続ける。2017年には写真展「片品村のカヲルさん」を開催。

●瀬戸山美智子(取材)
炭アクセサリー作家。片品村に2003年に移住。カヲルさんに出会い、味噌づくり、炭焼きなどさまざまな生業とともに生き方を学ぶ。屋号「iikarakan」でワークショップや野菜販売を展開中。

目次

恋愛のハナシ
夫婦のハナシ
女子のハナシ
親子のハナシ
仕事と人づきあいのハナシ
カヲルのハナシ
人生のハナシ

解説(詳細)

「いーからかん」とは、ゆるゆるっとしてこだわりのないこと。迷ったとき、困ったとき、心がすっと楽になる魔法の言葉。群馬県片品村に暮らす須藤カヲルさんの口癖です。

カヲルさんはある日突然、雑誌の人生相談コーナーにデビューしました。近所の移住女子みっちゃんが、猛烈に推薦したのです。村に生まれ、嫁ぎ、働いて子どもを育てた、有名人でもお金持ちでもないカヲルさん。読者の身内にいるような普通のお婆ちゃんを探していた編集者は喜んで依頼しました。
そして始まったカヲルさんの人生相談は初回から大好評。ファンレターも届く人気コーナーとして10年以上続いています。

想像以上に「いーからかん」だったカヲルさんは想像以上に働きものでした。両足の靴下がそろったことのないカヲルさん。箪笥の引き出しが閉まったことのないカヲルさん。顔も手も真っ黒にして炭を焼き、牛を買い、味噌を作り、働いてきたカヲルさん。
「カヲルさんって実在の人物なの?」とよく驚かれます。普通のお婆ちゃんを見つけたつもりが、もはや稀な存在なのかもしれません。本書に収録した写真は、そんな幻の?カヲルさんの日常そのもの。散らかった家も、つまみ食いも、煤けた顔も、そのまんまのカヲルさんが答える人生相談。
どうぞいーからかんに味わってください。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る