全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

縁食論

孤食と共食のあいだ

書誌詳細情報

縁食論

孤食と共食のあいだ

著者 藤原辰史

定価 1,870円 (税込)

ISBNコード 9784909394439

発行日 2020/11

出版 ミシマ社

判型/頁数 四六判 190ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

子ども食堂、炊き出し、町の食堂、居酒屋、縁側…オフィシャルでも、プライベートでもなく。

世界人口の9人に1人が飢餓で苦しむ地球、義務教育なのに給食無料化が進まない島国。ひとりぼっちで食べる「孤食」とも、強いつながりを強制されて食べる「共食」とも異なる、「あたらしい食のかたち」を、歴史学の立場から探り、描く。

現代社会が抱える政治的、経済的問題を「家族や個人のがんばり」に押し付けないために。

目次

第1章 縁食とは何か―孤食と共食のあいだ(孤食の宇宙
しわ寄せ引き受け装置 ほか)

第2章 縁食のかたち(公衆食堂の小史
食の囲い込み ほか)

第3章 縁食のながめ(弁当と給食の弁証法
無料食堂試論 ほか)

第4章 縁食のにぎわい(死者と食べる
食を聴く ほか)

第5章 縁食の人文学(「もれ」について―「直耕」としての食
パンデミックの孤独―「居心地のよい空間」をめぐる人文学)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る