全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

今村秋と新高梨

書誌詳細情報

今村秋と新高梨

著者 今村昌耕

定価 825円 (税込)

ISBNコード 9784909275059

発行日 2019/12

出版 農文協プロダクション

判型/頁数 A5 56ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

江戸時代より栽培されていた高知県の和梨「今村秋」のルーツはどこにあるのか。「今村秋」がどのようにつくられたのか。また、梨の神様といわれた菊地秋雄博士が育種された大人気の品種「新高梨」は、長年「今村秋」と「天の川」の交配種とされてきたが、近年の研究によりそうではないことが分かった。なぜそのようなことが起こったのか交配育種の際の秘話が、今村秋を育ててきた一族の子孫である著者による丁寧な関係者への聞き取りと調査により明かされる。

著者

今村 昌耕
高知県土佐市出身、北海道大学学生時代に日高山脈ペテガリ岳の厳冬期初登頂を果たす。医師になり1953年より結核予防会結核研究所に勤務して結核専門医として晩年まで診療を続けた。最晩年には戦没医学生の慰霊や故郷の家系に由来する梨に関する調査を熱心に取り組む。

目次

監修の辞(田村文男)
今村秋について
吉川忠雄氏卒業論文について
新高梨交配育種の秘話
天の川について
資料集
参考文献および資料
編集後記(今村昌幹)

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る