全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

弔いにみる世界の死生観

シリーズ比較文化学への誘い 5

書誌詳細情報

シリーズ比較文化学への誘い 5

弔いにみる世界の死生観

著者 小西賢吾
山田孝子

定価 1,100円 (税込)

ISBNコード 9784909151056

発行日 2019/11

出版 英明企画編集

判型/頁数 A5 176ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

死と死後の世界をどう認識し、いかなる葬送儀礼を執り行って送り出すのか。
死者と生者との関わりをいかに取り結び、どんな供養をいつまで続けるのか。
そもそも死とは恐れるべきものか、喜ぶべきものなのか──。

死に対する考え方は、世界の各民族・宗教によってさまざまです。
輪廻転生の考えに基づいて遺体を「器」としか捉えていない人びともいれば
火葬など遺体が損壊されることは許されないと考える社会も存在します。
「あの世」の存在を認め、死後はそこに行き特定の時期に「この世」に戻ると考える社会もあれば来世での復活までは死者はお墓で待機していると考える民族もいます。
こうした死に対する多様な考え方とそれに基づく弔いの方法はすべて、個人では受け止めきれない人の「死」という社会的喪失をいかに受け止めて乗り越えてゆくかその知恵と方法論が蓄積され結晶化されたものだと考えることができます。

本書では、日本、ヨーロッパ、アフリカ、インド、中央アジア、東南アジア、
ミクロネシア、極北地域などの各地について仏教、イスラーム、キリスト教等の教義に基づく弔いのありようと死生観・来世観を比較して観察し世界の各地に暮らす人びとが、全生物に共通して訪れる「死」をいかに受け容れ乗り越えているのかを学びます。

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る