全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

アフリカ昆虫学

生物多様性とエスノサイエンス

書誌詳細情報

アフリカ昆虫学

生物多様性とエスノサイエンス

著者 田付貞洋 編著
佐藤宏明 編著
足達太郎 編著

定価 3,300円 (税込)

ISBNコード 9784905930655

発行日 2019/03

出版 海游舎

判型/頁数 A5 320ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

アフリカが人類発祥の地であることとどのように関連するかはさておき,昆虫の世界でも数々のユニークな存在があることは周知のとおりである。私の中学生時代,雑誌の写真であったか,衝撃を受けたのはアフリカの2種のオオアゲハ,アンティマクスとザルモキシスの姿だった。2種は互いにまったく違う形と色彩をもちながら,いずれもアジアからオセアニア,南米のアゲハチョウによく見られる形と色彩からはかけ離れた独自の翅形と美しくもくすんだ色合いが,まさにミステリアスなアフリカを表していると思った。いまもこれら2種の生態はよくわかっていないらしい。その他枚挙に暇がないが,本書に登場するものをいくつか挙げれば,からからに干からびたまま何年も生存するネムリユスリカ,今世紀になって生きたものが発見されて有名になった生きた化石,カカトアルキ,巨大な大顎をもつ狩りバチなどもアフリカでしか見ることができない珍奇な昆虫であろう。(まえがきより)

目次

地図(アフリカの国と地域 
   本書に登場するアフリカの地名,行政区名)(佐藤宏明)
まえがき(田付貞洋)

第1部 アフリカ昆虫学とは
1章 生物多様性の観点から見たアフリカ昆虫学の重要性(佐藤宏明)
  1. アフリカの昆虫の多様性が研究される理由
  2. 本章の構成
  3. アフリカの地史・気候・生物相
  4. タマオシコガネ亜科の系統地理とアフリカ熱帯区での多様性
  5. アフリカにおける分類学的研究の現状―チョウ目ホソガ科の場合
  6. アフリカ昆虫学の発展のために

2章 アフリカ昆虫学とエスノサイエンス(藤岡悠一郎)
  1. アフリカに暮らす人々と昆虫
  2. エスノサイエンス
  3. 昆虫と人々との関係に関する研究とエスノサイエンス
  4. アフリカ昆虫学へのエスノサイエンス・アプローチ
  5. アフリカ昆虫学の未来に向けて

3章 アフリカ昆虫学の歴史と展望(足達太郎)
  1. アフリカ昆虫学とは
  2. アフリカ昆虫学の範囲と系譜
  3. アフリカ昆虫学史
  4. アフリカ昆虫学への日本の貢献
  5. アフリカ昆虫学の展望
   

第2部 アフリカで昆虫に出合う
4章 ナミビア農牧社会における昆虫食をめぐるエスノサイエンス(藤岡悠一郎)
  1. フィールドに入るまで
  2. オバンボの自然資源利用と環境認識
  3. 昆虫利用の変化
  4. まとめと将来展望

5章 農業と昆虫をめぐるフィールドワークとエスノサイエンス(足達太郎)
  1. 初めてのエスノサイエンス体験
  2. 中国での農村調査
  3. アフリカの農業と昆虫をめぐるフィールドワークとエスノサイエンス
  4. アフリカ昆虫学におけるエスノサイエンスの意義

6章 日本とアフリカのヤマトシジミ(岩田大生)
  1. ヤマトシジミの斑紋変異
  2. ケニアでの調査
  3. ケニアのアフリカヤマトシジミ

7章 巨大な大あごをもつ狩りバチが飛ぶカメルーンの森(坂本洋典)
  1. 特異な狩りバチSynagrisとカメルーンへの旅
  2. ついに見た,Synagrisの生きる姿
  3. カメルーンのさまざまな昆虫たち
  4. カメルーンの人々の暮らし

8章 カカトアルキの発見と分類(東城幸治)
  1. カカトアルキの発見
  2. 南アフリカでの調査
  3. 系統と分類
  4. 今後の展望

9章 アリモドキゾウムシを追ってアフリカへ(立田晴記)
  1. アリモドキゾウムシとアフリカとの関係
  2. いざマダガスカルへ
  3. アリモドキゾウムシ研究の意義とアフリカの魅力

第3部 アフリカ昆虫学の展開
10章 ネムリユスリカの驚異的な乾燥耐性とその利用(奥田 隆)
  1. 干からびても死なないネムリユスリカ
  2. ネムリユスリカの乾燥耐性機構
  3. 新種ネムリユスリカの発見
  4. マンダラネムリユスリカの保護活動
  5. ネムリユスリカの宇宙環境暴露実験
  6. 乾燥保存可能な昆虫培養細胞の構築
  7. アフリカ昆虫学の魅力

11章 マダニ寄生バチの生態(高須啓志)
  1. マダニの寄生バチ
  2. 国際昆虫生理生態学センターにおけるマダニ寄生バチの研究
  3. マダニに対するハチの産卵行動
  4. ハチによる寄主の認識
  5. マダニ体内での寄生バチの発育
  6. 成虫の寿命と生涯産卵数
  7. 野外における寄生調査
  8. 野外におけるマダニトビコバチの生活史

12章 混作と農業害虫―トウモロコシの害虫ズイムシを例として―(小路晋作)
  1. サブサハラアフリカの穀物生産と害虫の問題
  2. 生息場所管理技術としての混作
  3. 混作が害虫,天敵および作物収量に及ぼす効果
  4. プッシュ・プル法
  5. 植物を介した混作の直接的作用に関わる要因
  6. 天敵を介した混作の間接的作用に関わる要因
  7. 混作によるズイムシ防除の発展に向けて

13章 貯穀害虫の生態と管理(相内大吾)
  1. アフリカにおける貯穀害虫とその被害
  2. 貯穀害虫の生態
  3. 貯穀害虫の防除とトウモロコシの生産性向上
  4. アフリカにおける貯穀害虫防除の展望

14章 ヒトマラリア原虫を媒介するハマダラカの生態と蚊帳を使った対策(皆川 昇)
  1. アフリカのマラリアとハマダラカ
  2. 蚊帳によるマラリア対策
  3. 今後の課題と展望

15章 ネッタイシマカの生態と進化(二見恭子)
  1. イエローフィーバーモスキート
  2. タイヤをめぐる冒険―ケニアでの調査
  3. ネッタイシマカの基礎知識
  4. 世界を旅するネッタイシマカ
  5. アフリカのデング熱とネッタイシマカ集団
  6. ネッタイシマカに亜種はあるのか

第4部 アフリカの昆虫学研究機関
16章 国際昆虫生理生態学センター(サンデー・エケシ)
  1. はじめに
  2. 主要研究課題
  3. 実施プロジェクト
  4. 人材育成と制度開発 (CB&ID) プログラム
  5. おわりに

17章 国際熱帯農業研究所(マヌエレ・タモ)
  1. IITAの設立と昆虫学部門
  2. キャッサバ害虫の生物的防除
  3. SP-IPM
  4. 生物多様性標本の収集
  5. 生物的リスクの管理

18章 長崎大学熱帯医学研究所ケニアプロジェクト拠点(二見恭子)
  1. ケニアリサーチステーション
  2. ケニア拠点の設立と活動
  3. フィールド研究拠点と現地での研究
  4. ケニア拠点が目指すもの

19章 モーリタニア国立バッタ防除センター(前野ウルド浩太郎)
  1. サバクトビバッタとは
  2. 国際的な対策
  3. 現地での対策

20章 ケニア国立博物館(足達太郎) 
  1. NMKの沿革
  2. リーキー家の人々
  3. NMKの研究部門
  4. NMKにおける昆虫学研究
  5. 生物多様性条約への対応

補章 アフリカで虫を食べる―栄養源としての昆虫食(八木繁実・岸田袈裟)

引用文献
あとがきにかえて―八木繁実さんのこと(足達太郎・佐藤宏明)
生物分類表(佐藤宏明)
事項索引(佐藤宏明)
生物名索引(佐藤宏明)

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る