全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

「ポスト貿易自由化」時代の貿易ルール

WTOと「メガFTA」

書誌詳細情報

「ポスト貿易自由化」時代の貿易ルール

WTOと「メガFTA」

著者 林正徳
弦間正彦

定価 3,300円 (税込)

ISBNコード 9784897324135

発行日 2019/10

出版 農林統計出版

判型/頁数 A5 270ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

貿易ルールの二重構造がもたらすもの
機能不全に陥ったかにみえるWTO,その一方でFTAなどの大規模な地域貿易協定が乱立している。グローバル・ルールとローカル・ルールという貿易ルールの二重構造は、農業と農産物貿易にどのような影響を与えるのか。日本のとるべき姿勢はどうあるべきか。貿易交渉の歴史から将来を浮き彫りにする。

目次

序章 貿易ルールの二重構造と「ローカル・ルール」形成の活発化(WTOドーハ・ラウンドの現状 地域貿易協定の動き 地域貿易協定の規定の類型)

第1章 農業協定と地域貿易協定―「貿易自由化」と差別の拡大(農業協定の貿易ルール 地域貿易協定の農業協定関連条項 まとめ)

第2章 SPS協定と地域貿易協定―制度システム設計思想の対立と規定の近似化(SPS協定の貿易ルール 地域貿易協定のSPS条項 TPP協定と日EU・EPAのSPS条項 まとめ)

第3章 TRIPS協定と地域貿易協定―制度システムの輸出競争 TRIPS協定の貿易ルール 地域貿易協定の地理的表示条項 TPP協定と日EU・EPAの地理的表示条項 まとめ)

終章 貿易ルールをめぐる現状と課題(地域貿易協定による二極構造と貿易ルールの二重構造 WTO制度と地域貿易協定の展望―何が鍵となるのか 日本はどのようにすべきだろうか)

補論1 国際連盟による多国間貿易交渉と貿易ルール形成の取り組み―歴史の教訓

補論2 ポスト「貿易自由化」時代における影響分析モデル―限界と可能性 アップデート

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る