全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

震災復興から俯瞰する農村計画学の未来

書誌詳細情報

震災復興から俯瞰する農村計画学の未来

著者 広田純一

定価 4,752円 (税込)

ISBNコード 9784897324050

発行日 2019/02

出版 農林統計出版

判型/頁数 B5 460ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

◎持続と連携の論理と仕組み
限界集落問題や地方崩壊の危機に直面する農山漁村エリアを襲った大震災、そしてそこからの復興。そのプロセスを俯瞰し、得た教訓や研究成果から、持続と連携をコンセプトに地域コミュニティ存続の力と意義を多角的に考察、農村計画学の方向性をも論理化する。

目次

序説 連携と持続に着目して-出版の経緯と着眼点:ルーラル・サステイナビリティの視座
T部 農村計画試論
  第1章 震災復興と農村計画学研究
  第2章 設計科学論-設計科学と農村計画学の土台- 
  第3章 復興とソーシャルガバナンス 
  第4章 生態系減災論 
  第5章 平常時計画論から破局時計画論へ 
  第6章 拡大コミュニティ試論

U部 認識論・実践論・計画論
 U-1 津波被災の俯瞰・実態解明
  第7章 三陸沿岸漁村における明治・昭和・平成の大津波被災史 
  第8章 集落移動の歴史から事前復興へ 
  第9章 復興事業にみる復興過程と計画課題 
  第10章 大震災前後の津波被災漁業集落の実態変容 
  第11章 津波被災地を自然立地から読み解く 
  第12章 被災地コミュニティの持続性 
  第13章 津波被災集落における職住分離による「通い漁業」
 U-2 津波被災の復興計画実践
  第14章 仮設住宅団地における自治会設立の支援手法-石巻市- 
  第15章 復興プロセスと復興会議の役割-大船渡市崎浜地区- 
  第16章 住民参加による復興まちづくりの展開とコミュニティ復興-宮城県-
  第17章 「記憶知」オーラルヒストリーを用いた高台移転支援-気仙沼市舞根地区- 
  第18章 被災地における自主防災活動と防災まちづくりへの展開-大槌町吉里吉里地区- 
  第19章 高台住宅地における「暮らしのデザイン」の試み-野田村城内地区- 
  第20章 高台移転における総合支援-大船渡市碁石地区-
 U-3 原発災害被災地の実態解明と計画実践
  第21章 飯舘村避難者の帰村意向と世代間意識 
  第22章 飯舘村における除染限界と二地域居住シナリオ

V部 まとめ:震災研究を通して見えてきた農村計画学の課題と展望
  第23章 研究会・シンポジウムの記録 
  第24章 座談会:震災復興から見た農村計画学の未来

編集後記

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る