全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

農と村とその将来

規制緩和農政を超えて

書誌詳細情報

農と村とその将来

規制緩和農政を超えて

著者 矢口芳生

定価 1,430円 (税込)

ISBNコード 9784897323190

発行日 2015/04

出版 農林統計出版

判型/頁数 A5 112ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

アベノミクスの推進とともに強力に推し進められる農政改革の現状を批判的に検討し、その問題点・課題を明らかにする。さらに成熟社会に相応しい〈農〉と〈村〉の将来、農政改革のあり方・方向性、地域創生策を提示。地域力(共生の持続力)の重要性を主張する。

目次

はじめに
第1章  規制緩和の農政改革
 1.アベノミクスは「アベノリスク(・・・)」か (1)デフレスパイラルから脱却できるか (2)「アベノリスク」が高まる危険
 2.アベノミクスと農政改革 (1)持続可能な成熟社会と農業 (2)農政改革の「視界良好」と「視界不良」
 3.統治構造と農政改革 (1)改訂版「活力創造プラン」の位置 (2)驚嘆の「10年間で所得倍増」

第2章  農政改革の批判的検討
 1.改訂版「活力創造プラン」の実現可能性 (1)「活力創造プラン」の4つの柱  (2)避けたい「政策の空回り」
 2.食料・農業・農村政策審議会の存在意義 (1)食料・農業・農村政策審議会の役割  
(2)内閣府は法律的に上位!?
 3.農政改革のゆくえ (1)「攻めの農業・農政」の5W1H  (2)農林水産大臣の見解―農村雇用と食料自給率

第3章  農政改革の背景と課題
 1.農業・農村構造と兼業農家・農業所得の状況 (1)農業・農村構造と兼業農家の状況  
(2)1995年WTO協定締結以後激減する農業所得
 2.農業構造の現状と見通し (1)農業構造は劇的に動くのか  (2)農業構造を動かす仕組み―農地中間管理機構の役割
 3.〈農協・農業委員会・農業生産法人の一体的改革〉の課題と見通し (1)農協の改革 
 (2)農業委員会の改革  (3)農業生産法人要件の見直し

第4章  成熟社会にふさわしい畜産経営
 1.「成熟社会・日本」に必要な畜産とは (1)「成熟社会」の畜産とは  (2)「日本型畜産」の課題・問題点
 2.日本における畜産の意義と役割 (1)資源循環の維持・促進  (2)農地利用の維持・促進  (3)自給力(率)の維持・向上 (4)食生活上の意義  (5)食育・多面的機能の発揮  (6)地域経済上の意義
 3.畜産農家・経営体を減らさない (1)畜産経営の方向と対策  (2)農村創生と農業・畜産

第5章  農業・農村をフォローする農政改革
 1.農家・地域の3つの選択肢とその基準 (1)「成熟社会・日本」にふさわしい農業・農村・農政のあり方  (2)農業の「公共的性格」を示す基準
 2.共生農業システムの構築と地域の創生 (1)地域農業のシステム化  (2)地域農業の3つの展開方向
 3.地域の創生と点検 (1)成功例からの教訓  (2)地域のキー・パーソンと持続的点検

おわりに
図表一覧
執筆後記

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る