全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

現代日本農政論

矢口芳生著作集 第4巻

書誌詳細情報

矢口芳生著作集 第4巻

現代日本農政論

著者 矢口芳生

定価 4,620円 (税込)

ISBNコード 9784897322421

発行日 2012/10

出版 農林統計出版

判型/頁数 A5 352ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

農業国際化の下、持続可能な農業と安全な食料の安定供給、そして生活者が安心・安定して暮らせる農業・食料環境の実現のための課題と展望を示す。WTO体制下の日本農業・農政論。

目次

序論 課題と方法
1.本巻の課題と背景
2.課題への接近方法
第T部 WTO体制下における農業・農政の展開方向
第1章 農政の国際的枠組みと日本農業
1.農政の国際的枠組み
 (1)WTO農業協定の意義と評価
 (2)デカップリング政策の現代的意義
2.WTO体制下の先進国農政の特徴
 (1)先進国農政の現代的特徴
 (2)日本農政の特徴
3.日本農業・農村の現状と課題
 (1)農業の現状と課題
 (2)農村の現状と課題
4.日本型デカップリング政策の展開方位
 (1)デカップリング政策の前提
 (2)農業・農村資源保全政策の展開方位
第2章 農村地域振興の基本方向
1.農村地域政策の課題
2.デカップリング政策の総合化構想
 (1)条件不利地域政策の国際的枠組み
 (2)直接所得補償の理論的背景
 (3)政策手法上の論点
3.農業および生活基盤の整備構想
 (1)何のための公共事業か
 (2)誰のための公共事業か
 (3)中山間地域に必要な公共事業
4.カントリービジネスによる農業農村振興構想
 (1)カントリービジネスとは何か
 (2)カントリービジネスの着眼点
 (3)カントリービジネスの3つの展開方向
5.残された課題
 (1)農村地域政策に欠落しているもの
 (2)主体的取り組みに欠落しているもの
第3章 農業・農村の再構築に必要な3つの要素
1.安全な食料の安定供給の確保―政策の国際的・国内的枠組みの再構築
 (1)起こりうる食料ききへの備え
 (2)国際的枠組みの再構築-農業生産シェアリングと新農業貿易原則
 (3)「食料・農業・農村基本法」の理念の達成度合い
2.「食料・農業・農村基本計画」の工程管理―政策支援の実質化
 (1)食料自給率向上の実現可能性
 (2)農業構造政策の課題
 (3)品目横断的政策と地域資源保全管理政策の構築
3.主体どうしの協働・提携―農業支援組織の実質化
 (1)農業支援・普及機関の新しい課題と役割
 (2)農業に参入した株式会社の可能性
 (3)農林漁業にかかわるNPOの役割
第U部 WTO体制下の諸課題
第1章 「非貿易的関心事項」の批判的考察
1.「食糧安全保障」論議の動向と展望
 (1)農業協定における「食糧安全保障」の位置
 (2)食料安全保障論をめぐる動向
2.食料安全保障政策の再検討
 (1)「自給・備蓄・輸入の適切な組み合わせ」の根拠
 (2)自給・備蓄・輸入の適切な水準と手立て
3.農業貿易と環境保護
 (1)WTO諸協定における「環境保護」の位置
 (2)OECDにおける「環境保護」の位置
4.「農業貿易と環境」論議の動向と検討課題
 (1)WTO農業協定等の「農業貿易と環境」
 (2)OECDの「農業貿易と環境」
 (3)「農業貿易と環境」論議の検討課題
第2章 食料主権の確保と持続可能な農業
1.「食料主権の確保」は可能か
2.貿易自由化と食料主権
 (1)コメ関税化と食料主権
 (2)野菜等セーフガードの暫定発動と食料主権
 (3)「最小農業生産の権利」の検討課題
3.農業交渉のなかの「多面的機能」
 (1)「多面的機能」とは何か
 (2)政府介入の可能性
 (3)プロダクション・シェアリングと新たな農業貿易原則
4.「持続可能な農業」と消費者
 (1)「持続可能な農業」とは
 (2)「持続可能な農業」の定着条件
 (3)食品の安全性と「持続可能な農業」
 (4)食料主権と消費者主権
第3章 「食料自給率45%」の実現可能性
1.「食料・農業・農村基本法」の理念と政策目標
 (1)基本法の新しい理念
 (2)評価と論点
 (3)多面的機能と所得政策
2.目標「食料自給率45%」の意義と背景
 (1)食料自給率目標設定の意義
 (2)「食料自給率向上」の背景
3.目標「食料自給率45%」実現への課題
 (1)裏づけに疑問残る目標設定
 (2)畜産物および飼料の自給率向上は可能か
 (3)予算の確保と効率的運用
 (4)田畑輪換=日本型輪作で自給率向上へ
4.自給率向上への新しい政策課題
 (1)本格的な農業構造改革へ
 (2)「経営所得安定対策」の課題
 (3)食生活の見直し
5.産消共同の稲作安定生産―JA庄内みどり遊佐支店の教訓-
 (1)共同開発米「遊・YOU・米」とは
 (2)共同開発米の推進体制
 (3)共同開発米推進の背景
 (4)取り組みの教訓
第4章 2010年口蹄疫問題
1.口蹄疫の発生状況と対策
2.防疫システム見直し等の課題
 (1)防疫システムの検証
 (2)防疫システムの強化
 (3)その他対策の検討
3.畜産経営・地域農業・地域経済再建の課題
 (1)宮崎県の畜産
 (2)農家経済支援と地域農業再建のあり方
 (3)地域経済再建のあり方
4.家畜伝染病予防法はどう変わったのか
 (1)口蹄疫対策検証委員会等の報告
 (2)家畜伝染病予防法改正と今後の畜産のあり方
結論 持続可能な農業・農村の構築のために
1. 日本農業の基本問題
(1) 食料自給の権利と食料供給体制の確立
(2) 持続可能な農業のための貿易原則の確立
(3) 低炭素社会への農業分野からの貢献
(4) 慢性的「農業危機」からの脱却
2. 日本農業・農政の展開方向
(1)共生農業システムへの着眼
(2)食料消費構造への着眼
(3)農業支援組織等のあり方と耕作放棄地への対応
   (4)農業政策の展開方向

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る