全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

「ゲノム編集作物」を話し合う

書誌詳細情報

「ゲノム編集作物」を話し合う

著者 三上直之
立川雅司

定価 1,512円 (税込)

ISBNコード 9784894769816

発行日 2019/03

出版 ひつじ書房

判型/頁数 A5 114ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

生物の遺伝子を自在に改変できるゲノム編集技術が農作物の品種改良にも導入されつつある。ゲノム編集作物は農業や自然環境、人の健康への光明か、脅威か。遺伝子組換え作物との違いは何か。栽培や流通にルールを設けるべきか。先端科学技術と生活との接点で生じるこうした疑問や論点について、専門家任せにせず市民が話し合い、考えていく可能性を探る。ゲノム編集技術の社会的意味や、科学技術に関する市民の参加と熟議に関心を持つ人に読んでほしい。

目次

1 ゲノム編集作物と市民の視点の重要性(ゲノム編集作物とは何か 遺伝子組換えと同じなの、違うの? 消費者はどう認識しているのか? 市民の役割とは?)

2 グループディスカッションの設計(参加型テクノロジーアセスメントと市民パネル 市民パネル型会議のポイント 今回のグループディスカッションの狙いと設計)

3 消費者からみた可能性とリスク 話し合いの分析(1)(参加の動機 ゲノム編集作物に対する不安・懸念 ゲノム編集作物のメリットについて 消費者の選択 企業や研究機関に求めること 消費者の反応を読み解くポイント)

4 規制や食品表示に対する議論 話し合いの分析(2)(規制の必要性とその根拠;規制の内容 コラム ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)によるフォーカスグループ・インタビュー 北海道独自の規制に対する賛意 その他の意見 ガバナンスにおいて考慮されるべき観点)

5 討論後の意見と規制のあり方への視座(参加者アンケートの結果 国内における規制の検討状況 結論と残された課題)

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る