全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

生紙と紙糸

書誌詳細情報

生紙と紙糸

著者 軽野裕子

定価 3,240円 (税込)

ISBNコード 9784879406262

発行日 2017/07

出版 紫紅社

判型/頁数 B5 86ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

日本には豊かな染織の歴史と伝統があるが、その中でも興味をそそられるものの一つに和紙の糸で織った紙布がある。紙布は庶民の冬の暖かな衣類や仕事着として工夫されたものが始まりといわれているが、時を経て洗練された優雅な染織工芸として他の染織品と肩を並べるようになった。

紙布の注目すべき点は、その素材と手法にあり、素材である紙糸 (かみいと) は「生紙 (きがみ)」と呼ばれる手漉き和紙から独特な方法で作られるのである。著者はこの本で、紙漉職人による生紙の製紙法から、紙糸作りの準備、紙糸の撚り方、織りの準備段階までを、多くの写真を使って日英両語で丁寧に紹介している。

「生糸と紙糸」はこの分野では初めての二ヵ国語で書かれた本であり、世界的にみても珍しい伝統工芸染織の技法を保存しておきたい、という著者の熱意に満ちあふれている。

著者、軽野裕子は、糸紡ぎ、天然染料染め、織りに長年携わり、その技術を日本・カナダ両国で指導、講習してきた。奈良遷都1300年にあたる2010年には古都奈良で紙布のインスタレーションをおこなった。

目次

Part 1. 生紙
紙漉きの里―高志の生紙工房
手漉き紙の基礎知識
 素材、流し漉き、紗漉き、紙の縦と横、枯れた紙、
 古い紙と新しい紙、紙の大きさと重さ (厚み)
 必要量、丁寧に漉かれた紙
Part 2. 紙糸
紙糸作り
折りたたむ
切る
 道具、準備、紙切り
休める
 道具
揉む
 道具、準備、湿り具合の点検、揉み1、揉み2、
 揉み3、揉み具合の点検、さばき、揉み4
糸積み
 道具
撚る
 道具、準備、糸車を使う場合の糸撚り、
 ドロップ・スピンドルを使う場合の糸撚り
撚り止め
 道具、蒸す場合、煮る場合
綛上げ
まとめ
参考文献
あとがき

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

山で稼ぐ!
小さい林業で稼ぐコツ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る