全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

近代造園史

書誌詳細情報

近代造園史

著者 粟野隆

定価 2,530円 (税込)

ISBNコード 9784863585805

発行日 2018/08

出版 建築資料研究社

判型/頁数 B5 120ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

あらゆるものは、「歴史化」することを宿命とする。過去を蓄積することで、現在、そして未来へとつながっていくからである。それは「造園」においても同様であり、過去の造園を学ぶことで、未来の造園を開拓することこそ、「歴史方法論」としての造園史学の存在意義である。
本書は、明治維新後の文明開化により西欧の造園思潮を受容し、公園というあらたな造園空間を生み出し、また職能としての造園家、学問としての造園学が成立した「近代」に絞り、重要な造園史上の歴史的事実を取り上げつつ、数々の近代造園家を紹介する。現代造園のルーツとしての近代を理解することは、あらゆる意味で未来志向型の造園学に役立つであろう。

目次

第1章 近代国家の誕生 洋風造園と造園学の黎明(近代という時代―近代造園史が対象とする時代 太政官制公園の誕生 ほか)

第2章 近代都市の形成 緑地の多様化と国立公園誕生(東京の都市計画と近代造園 京阪神の都市計画と近代造園 ほか)

第3章 造園の時代 都市と住まいの中の庭園(日本近代テーマパーク行脚 日本近代庭園通覧(前編 後編))

第4章 近代から現代へ 欧米のモダニズム思潮(欧米における近代造園前史 欧米における公園緑地の展開 ほか)

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る