全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

失われた居場所を求めて

都市と農村のはざまから現代社会を透視

書誌詳細情報

失われた居場所を求めて

都市と農村のはざまから現代社会を透視

著者 祖田修

定価 2,090円 (税込)

ISBNコード 9784862513915

発行日 2019/08

出版 三和書籍

判型/頁数 四六版 236ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

非正規雇用37%、一人世帯35%が生む貧困・格差・孤独。日本は戦後復興を果たして高度成長を謳歌し、世界第2位の経済大国にまで登りつめましたが、いつの間にか冒頭のような深刻な社会状況に陥ってしまいました。産業形態の変化が、農村から都市への大規模な人口移動をひきおこし、農村、都市ともにそこで生活する人々の縁と絆を変容させたのが大きな原因の一つです。そこから派生するさまざまな事象を精緻に検証、考察して人々の居場所が今後どうあるべきかを示します。

目次

第1章 経済の波動に翻弄される若者たち―社縁社会における居場所の喪失
第2章 人間の居場所としての故郷
第3章 社縁社会への道程―人類史の中の居場所をたどる
第4章 心の故郷の喪失―故郷であることをやめる農村
第5章 魂の故郷の喪失―変わりゆく死後の居場所
第6章 移動社会と多様・多極化する居場所
第7章 情報縁社会の居場所―高度情報化時代と人間生活
第8章 浮かびあがる田園生活への思い―新たな居場所を求めて
第9章 高まる田園回帰の流れ
第10章 複合縁社会の形成へ―農村と都市のゆくえ

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る