全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

甘いバナナの苦い現実

書誌詳細情報

甘いバナナの苦い現実

著者 石井正子 編著

定価 2,750円 (税込)

ISBNコード 9784861871672

発行日 2020/08

出版 コモンズ

判型/頁数 B6 386ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

名著『バナナと日本人』から約40年。バナナを通して世界と日本を見つめ直す。日本人がもっとも多く食べている果物バナナはなぜ安いのか?主な輸入先のフィリピン・ミンダナオ島では農薬の空中散布による健康被害や不公正な多国籍企業の活動が目立つ。栽培・流通の知られざる現状を詳細に調査し、エシカルな消費の在り方を問いかける。

目次

序章 そんなバナナ!?―意外と知らないバナナの話
第1章 ミンダナオ島で輸出用バナナが作られるようになるまで
第2章 フィリピンでバナナはどう作られているのか
第3章 バナナ産業で働く人たちの現実
第4章 バナナ園の農薬散布―毒か薬か
第5章 多国籍アグリビジネスの再編と新たな「規制」枠組み
第6章 バナナが食卓に届くまで―サプライチェーンの徹底解剖
第7章 私たちはどう食べればよいのか―エシカルな食べ方へ

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る