全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

原発事故と農の復興

避難すれば、それですむのか?!

書誌詳細情報

原発事故と農の復興

避難すれば、それですむのか?!

著者 小出裕章
明峰哲夫
中島紀一
菅野正寿
有機農業技術会議 企画

定価 1,188円 (税込)

ISBNコード 9784861871030

発行日 2013/03

出版 コモンズ

判型/頁数 A5 108ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

放射能汚染と対峙し、食べものの安全性を守りながら
農業・農村も復興しなければならない
かけがえのない暮らしと風土を守りたい
では、どうすればよいのか?!
反原発の第一人者と有機農業研究者・農民が真正面から論じ合う

目次

はじめに
問題提起1 放射線管理区域を超える汚染地域で農業をどう守るか   小出 裕章
問題提起2 福島の現状と農民の想い    菅野 正寿
〈資料1〉国連人権理事会 特別報告者のプレス・ステートメント(抜粋)
論点1  放射能の危険性と農産物の汚染状況をどう認識するのか
○論説1  検証されつつある「福島の奇跡」   中島紀一
論点2 農産物への放射性セシウムの移行率は、なぜ低かったのか
論点3 危険と避難のあいだ
○論説2 生きることそのものとしての有機農業――放射能汚染と向かい合いながら   明峯哲夫 
論点4 「子どもには食べさせない」という考え方は、本当に正しいのか
○論説3 放射能汚染食料への向き合い方――拒否するだけでは解決しない   小出裕章 
論点5 安全性の社会的保証と被災地の復興
質疑応答
エピローグ 暮らしが変わらなければ、脱原発社会は創れない
討論を終えて

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る