全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

奄美群島の野生植物と栽培植物

書誌詳細情報

奄美群島の野生植物と栽培植物

著者 鹿児島大学生物多様性研究会

定価 3,080円 (税込)

ISBNコード 9784861243745

発行日 2018/03

出版 南方新社

判型/頁数 A5 258ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

世界自然遺産の評価を受ける奄美群島。その豊かな生態系の基礎を作るのが、多様な植物の存在である。
本書は、鹿児島大学生物多様性研究会が、植物を「自然界に生きる植物」と「人に利用される植物」に分け、19のトピックスを紹介する。

目次

第1部 自然界に生きる植物
第1章 琉球弧の地形―現在の地形形成環境と地形形成プロセス―
第2章 南西諸島における島嶼間の植物相比較
第3章 奄美大島と徳之島の山地照葉樹林
第4章 奄美大島の海岸の植生
第5章 九州島南部と薩南諸島の外来植物事情
第6章 奄美大島の河川に生育する外来種
第7章 薩南諸島にある植物関連の天然記念物
第8章 奄美の植物研究、80年
第9章 世界自然遺産地域の価値とその保全─小笠原諸島から学ぶ─

第2部 人に利用される植物
第10章 奄美諸島先史時代の植物食利用
第11章 冬作と夏作─奄美群島の雑穀の系譜─
第12章 奄美群島の里山と植物利用
第13章 植物繊維を織る─奄美群島の染織文化─
第14章 サトウキビの伝来と種の融合
第15章 薬としての唐辛子
第16章 薩南諸島のイモ類─ヤムイモとタロイモ─
第17章 薩南諸島のカンキツ
第18章 人による植物の利用─熱帯果樹─
第19章 「生物多様性保全」を地方再生戦略に活かす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る