全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

奄美群島の外来生物

生態系・健康・農林水産業への脅威

書誌詳細情報

奄美群島の外来生物

生態系・健康・農林水産業への脅威

著者 鹿児島大学生物多様性研究会

定価 3,080円 (税込)

ISBNコード 9784861243615

発行日 2017/03

出版 南方新社

判型/頁数 A5 246ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

奄美群島は熱帯・亜熱帯の外来生物の日本への侵入経路であり、世界自然遺産候補の島でもある。農業被害をもたらし感染症をまん延させる昆虫や、在来種を駆逐する魚や爬虫類、大規模に展開されたマングース駆除や、昨今浮き彫りになってきたノネコ問題など、外来生物との闘いの最前線を報告する。

目次

第1部 昆虫・小動物・微生物
第1章 奄美大島におけるミカンコミバエ種群の再発生と
 根絶防除の経過
第2章 薩南諸島のゴマダラカミキリ類と農業被害
第3章 外来生物としてのサツマイモの特殊害虫
 アリモドキゾウムシとイモゾウムシ
 ―生態と防除に関する最近の研究―
第4章 薩南諸島の外来の衛生動物
第5章 薩南諸島の外来種としての昆虫たち
第6章 薩南諸島における放浪種アリ類
第7章 外来種動物としてのアフリカマイマイ
第8章 奄美群島へのカンキツグリーニング病の侵入と
 喜界島での根絶事例

第2部 脊椎動物
第1章 薩南諸島の陸水の外来生物:魚類とカメ類
第2章 薩南諸島の外来種問題:爬虫類・両生類の視点から
第3章 薩南諸島のノヤギ問題と対策について
第4章 奄美大島と徳之島におけるノネコ問題の現状と取り組み
COLUMN 島の人たちにとってのネコ問題
第5章 奄美大島の外来種マングース対策
 ―世界最大規模の根絶へ向けて―

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る