全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

ボルネオ森と人の関係誌

書誌詳細情報

ボルネオ森と人の関係誌

著者 佐久間香子

定価 4,290円 (税込)

ISBNコード 9784861106842

発行日 2020/03

出版 春風社

判型/頁数 四六判 352ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

ボルネオ島・サラワク州のロングハウスに暮らす「森の民」

交易の時代から植民地支配を経て、出稼ぎ、先住民運動、国立公園設立による観光業の隆盛まで。周囲の勢力との関係のなかで、住民たちは戦略を変えながら生き抜いてきた。

フィールドワークと史料分析に基づいて描く、森と人の100年間。

目次

森と人が織りなす時空間へ

第1部 森の総合商社―交易拠点としてのロングハウス・コミュニティの形成(海洋交易を支えた森林資源 起源・移動・戦闘―動乱の森を生き抜く人びと 後背地の交易拠点 「流域社会」という森の社会空間 第1部のまとめ)

第2部 拡大するロングハウス・コミュニティ、縮小する社会空間(ロングハウスの空間、国家の空間 国立公園と生きる―流域の勢力図転換を生き抜く 森で食べる、森を食べる 先住民運動の光と影―「先住民」プナン人をめぐる葛藤)

森と人がつくるロングハウス

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る