全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

花と昆虫のしたたかで素敵な関係

受粉にまつわる生態学

書誌詳細情報

花と昆虫のしたたかで素敵な関係

受粉にまつわる生態学

著者 石井博

定価 1,980円 (税込)

ISBNコード 9784860646103

発行日 2020/03

出版 ベレ出版

判型/頁数 B6 290ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

陸上植物種の約9割は被子植物で占められています。
このように陸上での繁栄を謳歌している被子植物のうち、さらにその約9割もの種は、
受粉のための花粉の運搬(送粉)を、動物(主に昆虫)に依存しているといわれています。
なぜ、これほどまでに多くの植物種が、受粉を動物たちに頼るようになったのでしょうか。
植物が花を咲かせる目的(種子をつくる)は、どの植物種でも同じはずなのに、
なぜ植物が咲かせる花はこんなにも多様なのでしょうか。
花と、花粉を運ぶ動物たちにまつわるさまざまな話題を、最新の知見も取り入れながら、
たくさんのカラー写真とともに、わかりやすく丁寧に解説します。

目次

第1章 なぜ多くの植物種が動物に受粉を依存しているのか?
第2章 さまざまな送粉者
第3章 絶対送粉共生
第4章 訪花者による花の選択―植物の多様性を支える行動
第5章 騙す花、奪う訪花者
第6章 送粉者を操る植物の戦略
第7章 送粉系群集
第8章 壊れゆく植物と送粉者の関係―実りなき秋は来るのか

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る