全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

世界におけるジャポニカ米の流通、食味及び展望

書誌詳細情報

世界におけるジャポニカ米の流通、食味及び展望

著者 伊東正一 編著
松江勇次 編著

定価 3,740円 (税込)

ISBNコード 9784842505794

発行日 2020/11

出版 養賢堂

判型/頁数 A5 326ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

日本は少子高齢化に伴い、食料市場が縮小している。一方でアジアを中心とした世界では、人口増加と経済成長を続けている国は多い。世界的な日本食の人気も高まっている。米の輸出拡大は日本農業の重要な課題である。しかし、日本の米の世界的な評価に関する情報は少ない。また、国際市場では、流通している米の大半はインディカ米であり、日本米を含むジャポニカ米の市場は小さく、アメリカなど競争相手となる国も多い。中国は米の生産量及び消費量が世界最大であり、国民の所得と生活水準の向上に伴い、ジャポニカ米の消費が増加している。中国がジャポニカ米の国際市場に及ぼす影響は大きい。本書では、日本の米の輸出拡大の可能性を考察する。

目次

第1部 世界の米とジャポニカ米の動き(コメをとりまく世界の食料需給と国際価格の推移
米生産コストの国際比較と国産米の競争力向上方策―日本・イタリア・アメリカを対象に ほか)

第2部 内外産ジャポニカ米の食味評価(海外産ジャポニカ米の食味評価と新たな食味評価方法の試み
外国産ジャポニカ米の食味関連理化学特性の評価 ほか)

第3部 アンケート調査による食と健康管理の実態及び和食の志向(米国テキサス州における和食の定着状況と潜在性
ミャンマーの和食への認知度―日本食およびジャポニカ米に対する嗜好調査 ほか)

第4部 米をとりまく新しい世界の流れ(シンガポールにおける日本食レストランの姿
資源循環型の地域農業デザイン―有機性廃棄物を肥料とした循環米の消費動向 ほか)

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る