全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

生物多様性は復興にどんな役割を果たしたか

書誌詳細情報

生物多様性は復興にどんな役割を果たしたか

著者 中静透
河田雅圭
今井麻希子
岸上祐子

定価 2,530円 (税込)

ISBNコード 9784812217344

発行日 2018/11

出版 昭和堂

判型/頁数 B6 206ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

地域の自然や生態系、生物多様性を活かした復興は可能なはず。しかしこの甚大な被害を前に耳を傾ける人がいるのか。とまどいながら被災地に入った生態学者と仲間たちが現場で出会ったのは…。各地の経験から「海と田んぼからのグリーン復興」の可能性を探る。

目次

序 生物多様性は復興に必要である

1 山と海のつながりが町を復活させる―南三陸町のチャレンジ(山から海までをコントロールできる町 山と海をつなぎ、海と山をつなぐ 新たな価値を得て持続可能な産業へ―インタビューから見る南三陸町の復興)

2 松島湾のめぐみが復興を支える―浦戸諸島の自然に生きる(自然と伝統の継承 小さな試みがもたらす持続性―インタビューから見る浦戸諸島の復興)

3 グリーン復興の可能性を探る(生態系の活かし方 伝統農法が復興を速める―「ふゆみずたんぼ」が示した生物多様性の力 椿がつないだ復興への力と協働―前浜「椿の森プロジェクト」が目指した自然と伝承の共生 「ゆりりんの森」から―海岸林再生と市民活動 海岸の岩壁を世界的な観光資源にする―金華山をクライミングの聖地に)

4 防潮堤は必要なのか(揺れ動いた防潮堤に関する考え方 異なる立場から合意に至るには何が必要か―地域の宝物を認識する大谷海岸 蒲生に楽しい防災公園を提案した四七八日―仙台の高校生で考える防潮堤の会)

むすび 生物多様性や生態系は復興にどんな役割を果たしたか

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る