全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

日本小農問題研究

書誌詳細情報

日本小農問題研究

著者 玉真之介

定価 4,950円 (税込)

ISBNコード 9784811905464

発行日 2018/12

出版 筑波書房

判型/頁数 A5 370ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

「小農研究の先駆者─東浦庄治」、「農村人口の変動と小作争議」、「小経営的生産様式論」、「東北地域における家族農業論の展開」、「脱グローバル化時代の農業論」などテーマで生粋の小農論者の著者の論文をまとめた。

目次

序章 小農研究の先駆者─東浦庄治
第1部 農村人口の変動と小作争議
第1章 戦前期日本(1908.1940)における農家数変動の地域性
第2章 人口圧と小作争議の地域性
第3章 青森県における借地市場と小作争議
補章1 書評:西田美昭『日本農民運動史研究』東京大学出版会(1997)
補章2 書評:林宥一『近代日本農民運動史論』日本経済評論社(2000)
第2部 小経営的生産様式論
第1章 小経営的生産様式論と農業市場
第2章 「地主制」論再考─坂根嘉弘氏の新説をめぐって─
第3章 1934年の東北大凶作と郷倉の復興─岩手県を対象地として─
補章1 いわゆる「CV論」へのレクイエム─野田公夫氏の批判に答えて─
補章2 ポストモダニズム論再考─野田公夫氏の批判に答える─
第3部 東北地域における家族農業論の展開
第1章 複合経営の理論と実践─佐藤正
第2章 東北農文協における有畜複合経営論の展開
第3章 農民的複合経営と日本型農協─太田原農協論の成立過程─
補章1 いま、なぜ、家族農業なのか?(訳者あとがき)
補章2 解説 死生観が問われる時代に
第4部 脱グローバル化時代の農業論
第1章 日本農業のいま─苦悩の歴史的背景と本質─
第2章 地域に根ざした農林水産業論のために ─その理論的チャレンジ─
第3章 地域シンポジウム:協同組合の志─協同社会を地方から─
補章1 書評リプライ 『近現代日本の米穀市場と食糧政策─食糧管理制度の歴史的政策
補章2 通巻100号にあたって
終章 斎藤「自治村落論」と地域資源経済学
あとがき

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る