全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

地域固有性の発現による農業・農村の創造

書誌詳細情報

地域固有性の発現による農業・農村の創造

著者 中塚雅也

定価 2,700円 (税込)

ISBNコード 9784811905327

発行日 2018/03

出版 筑波書房

判型/頁数 A5 208ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

「地域固有性の論理」、「農業の現場における地域固有性」、「地域固有性を育む地域づくり」のテーマに地域固有性をどのように理解すればよいか、また、それを守り、活かすことを農業・農村の発展に繋げる道筋はないかということを課題にして議論した。

目次

序章 いまなぜ地域固有性か─本書の課題─
第1部 地域固有性の論理
第1章 農産物と地域固有性
第2章 DNAからみた植物の地域固有性
第3章 身近な生物の地域固有性
第4章 野生植物の地域固有性と人々の暮らし
第5章 土壌の地域固有性と人との関わり
第6章 住み継がれる集落空間と地域固有性
第2部 農業の現場における地域固有性
第7章 在来品種の特産化プロセスと活用に向けた方策
─丹波黒,薦池大納言を事例に─
第8章 在来品種「薦池大納言」の遺伝的特性評価
第9章 地域伝統農法による持続可能な土作りの可能性
第10章 農薬が地域の生物に及ぼす負の影響
第11章 社会的に形成される地域固有の特産農産物
第12章 地域・環境に配慮する農家や産地に対する消費者意識
第3部 地域固有性を育む地域づくり─多様な主体の連携─
第13章 大学発の地域産品開発とネットワーク─立命館大学“京北プロジェクト"を事例として─
第14章 集落における空き家活用とその展開構造
第15章 地域連携による小規模産地の継承

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る