全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

近代日本の乳食文化

その経緯と定着

書誌詳細情報

近代日本の乳食文化

その経緯と定着

著者 江原絢子 編著
平田昌弘 編著
和仁皓明 編著
Jミルク 企画編集

定価 4,620円 (税込)

ISBNコード 9784805859995

発行日 2019/12

出版 中央法規出版

判型/頁数 A5 402ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

明治維新以降、日本で展開・発展してきた乳文化を様々な視点から概述。日本における乳・乳製品の生産や利用の状況を説明するだけでなく、日本での乳・乳製品の受容・定着、さらに今後の展開について、それぞれの立場から問うことで、乳文化の日本的な特徴を浮き彫りにした。

目次

日本の食生活における乳の受容と定着に関する一考察―他の食品との比較を通して
明治150年 日本酪農乳業近代化への歩み
日本におけるミルク科学の歩み―明治から戦後15年までの研究と技術
乳食文化導入に尽力した近代人たち―画期としての明治・大正期
近代日本の食文化における乳の受容と菓子
明治期の牛乳搾取業の形成と地域的広がり
アフロ・ユーラシア大陸における日本乳文化の位置
米食文化圏インドシナ半島からみる日本の乳食文化
明治から戦後「家庭」創設までの初等・中等教育において、「乳」はどのように扱われてきたか
学校給食における牛乳利用の現状と課題―学校現場の視点から
チーズは日本人の心の伴侶たりうるか
食文化研究の方法について

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る