全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

けものが街にやってくる

人口減少社会と野生動物がもたらす災害リスク

書誌詳細情報

けものが街にやってくる

人口減少社会と野生動物がもたらす災害リスク

著者 羽澄俊裕

定価 2,200円 (税込)

ISBNコード 9784805209448

発行日 2020/10

出版 地人書館

判型/頁数 四六判 234ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

野生動物がもたらす災害とは、人間社会の急速な変化が生み出した現象であり、すでに日本各地で発生して、ニュースに登場する頻度も増えている。それは農林水産被害にとどまらず、野生動物の都市への侵入、人身事故、人獣共通感染症、等々、人へのリスクはきわめて大きい。新型コロナウイルスもまた野生動物に由来する。そして、放置するほど対策にかかるコストは雪だるま式に増えていく。対策の要は国土計画、土地利用にあることに気づいてほしい。コロナ禍の今、この問題に取り組まずに、新しい社会の構築はありえない。

目次

1部 すでに始まっている問題(人口減少問題の一般的な論点 野生動物の分布拡大と高まる災害リスク 分布拡大の理由 生態系に影響する問題)

2部 国土計画の盲点(人口減少時代の環境変化 コミュニティへの侵入を防ぐ 自然資本として森をマネジメントする)

3部 解決に向けて(機能不全の正体 現場の実行体制 人を育てる)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る