全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

移住者のための沖縄仕事NAVI

沖縄暮らしで自分も家族も幸福度アップ! この島には魅力のある仕事があふれている

書誌詳細情報

移住者のための沖縄仕事NAVI

沖縄暮らしで自分も家族も幸福度アップ! この島には魅力のある仕事があふれている

著者 吉田直人

定価 1,728円 (税込)

ISBNコード 9784802204170

発行日 2017/08

出版 イカロス出版

判型/頁数 A5 220ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

沖縄移住――この言葉には人をワクワクさせる、ほんのりと甘い誘惑が隠されている。たしかに国内屈指の観光地である沖縄は楽園であり、そこでの暮らしは魅力にあふれているが、移住を考えたときに最大のネックとなるのが「仕事」だ。

「沖縄でフリーターでもしながら自分探しをしよう」という人や、仕事もリタイヤして悠々自適「南国でのんびり暮らしてみよう」という人なら気軽な移住もありだが、30代、40代で職場ではそれなりの地位とスキルを持ち、家族もいる場合は仕事が決まらない限り、移住を決断することはできないだろう。

 かつての沖縄は失業率が高く、仕事が少なく、給料が激安なのがあたり前であった。しかし、県の積極的な企業誘致策もあって近年は情報通信産業や製造業などの新しい会社が進出してきたり、この地で創業したりするケースが増え、仕事をめぐる状況は大きく変わってきている。特に高いスキルを持ったプロフェッショナル人材が即戦力として求められるようになり、今や沖縄でも首都圏とくらべてもそれほど低くない給料、そして仕事のやりがいを求めることが可能になった。

 本書はそこに着目し、沖縄ではプロ人材を求める企業がたくさんあること、収入もライフワークバランスを考えれば決して低いわけではないこと、そして転職がうまくいけば幸せ度が上がることなどを紹介し、移住・転職希望者に明るい道筋を示すことに主眼を置いている。「沖縄に移住したいけど家族がいるからできない」という袋小路に迷い込み、夢をあきらめかけている人はぜひ本書を手に取っていただきたい。きっと、袋小路から抜け出し、沖縄移住を決断するためのヒントを得ることができるはずだ。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

山で稼ぐ!
小さい林業で稼ぐコツ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る