全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

自然村再考

書誌詳細情報

自然村再考

著者 高橋明善

定価 7,040円 (税込)

ISBNコード 9784798915913

発行日 2020/02

出版 東信堂

判型/頁数 A5 546ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

戦後から今日に至る目まぐるしい社会変動―人・モノ・カネの都市一極集中、加速する少子高齢化、跡継ぎの不在、輸入産品の増加等―の果てに、日本の農村社会は解体の一途をたどっている。令和の新時代、わが国の伝統的な村落共同体はどこに向かうのか。村に関する数多の先行研究を整理するとともに、国内外の地理的・時間的に膨大かつ丹念な実地調査をまとめあげた、戦後日本の農村研究の集大成。

目次

第1部 日本の村再考(自然村再考 有賀喜左衛門「家・村」論の形成・推転・変化)
第2部 世紀転換期前後における家と村の変化(世紀転換前後の低成長期における農家の離農離村と農村家族の変動 過疎化・都市化による農村部落の解体と再組織化)
第3部 村の比較社会論(村の比較社会論 村の協同性と「自然村」)
第4部 中国の村(中国における農村自治と中間組織 中国における都市農村の二元構造と農村改革)
第5部 沖縄の村―研究ノート(沖縄の基地問題と沖縄の心)
農村調査の回想

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る