全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

再開発は誰のために?

欺罔と浮利で固められたマンション「ラ・トゥール代官山」

書誌詳細情報

再開発は誰のために?

欺罔と浮利で固められたマンション「ラ・トゥール代官山」

著者 竹居治彦

定価 2,640円 (税込)

ISBNコード 9784794811448

発行日 2020/02

出版 新評論

判型/頁数 四六判 298ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

行政と不動産業者の癒着が街と法を破壊する…時はリーマンショック後の2010年、舞台は渋谷区鴬谷町。高さ12m、容積率60%に規制された第2種低層住居専用地域に、高さ18m、容積率200%という違法マンションが完成している。その3年後、不正を嗅ぎ取った筆者が単独で探り出すことを決意して、渋谷区長と住友不動産の癒着による違法行為を明らかにした。住民目線で徹底調査を行った執念の取材記録。

目次

我が町「鶯谷町」―その歴史と地域環境
桑原区長の誕生と渋谷区における住友不動産の動き
桑原区長と住友不動産の癒着
本命の「ラ・トゥール代官山」の建設へ―桑原区長、住友不動産、西松建設
住友不動産は一切の妥協を許さない強権で説明会にのぞんだ―二〇〇七(平成一九)年四月二五日
「渋谷駅中心地区・まちづくりガイドライン2007」の正体
住友不動産の前に立ちはだかる大遺跡群
工事開始―儀式にも似た東京都開発審査会の審議
建築工事協定、労働慣行を無視した突貫工事
工事が後半に入った二〇一〇年四月、重大な事実が判明
開発許可と建築確認を同時に行う神業のような違法行為
工事終了後、住友不動産と渋谷区役所から住民が受けた二次被害
再開発事業に名を借りた渋谷区役所のまち壊し体質

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る