全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

農民連は何をめざし、どうたたかうか

歴史・政策・運動・世界

書誌詳細情報

農民連は何をめざし、どうたたかうか

歴史・政策・運動・世界

著者 農民運動全国連合会

定価 562円 (税込)

ISBNコード 9784780716887

発行日 2018/04

出版 本の泉社

判型/頁数 B5 84ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

日本の農業経営は小規模で高コスト、農家は高齢化している、だから“日本農業はダメな産業だ"という議論が幅をきかせています。安倍政権は、こういう議論を増幅させるとともに、これに便乗して究極の農政解体をねらっています。

農業・農政の歴史を簡単にたどり、現在の世界の流れを見ながら、次の順序で安倍型農政解体のねらいにメスを入れ、日本農業の未来を切りひらくためにどういう農業政策が求められているのかを検討します。

目次

第1章 農民連の歴史と行動綱領―農民連はなぜ結成され、何をめざすのか(笹渡義夫)(戦後の日本と農業
農業の将来を左右する重大な時期にたたかえなかった痛苦の反省と、反転攻勢への決意 ほか)

第2章 なぜ、どんな農業政策が求められているのか?―農政の歴史と世界の流れから(真嶋良孝)(明治から終戦にいたる農業・農政の歴史
徹底した農地改革と戦後農政の枠組みの確立 ほか)

第3章 要求運動を基礎に強大な農民連をつくろう(吉川利明)(「要求で組織する」とは?
全農民を視野に入れた仲間づくり運動 ほか)

第4章 世界で進む農政の大転換 家族農業こそが世界の流れ―「国連家族農業の10年」と「農民の権利宣言(案)」が示すもの(岡崎衆史)(家族農業の10年―地球の持続的発展と人類社会の存続にとって不可欠な家族農業
農民の権利宣言成立に向けたとりくみ―家族農業を実質的に支える仕組み)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

追悼かこさとしさん
あそびの大事典

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る