全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない

野党共闘の可能性を探る

書誌詳細情報

安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない

野党共闘の可能性を探る

著者 松竹伸幸

定価 1,320円 (税込)

ISBNコード 9784780311259

発行日 2020/10

出版 かもがわ出版

判型/頁数 四六判 144ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

安倍氏が国政に登場した1993年―冷戦が終了し、資本主義は行き詰まり、自民党一党支配が揺らぎ、戦後民主主義は危機に直面していた。その新しい構造変化に対し、他の保守政治家にはできなかった対応をしたのが安倍氏であった。そこを正確に見抜かなければ、安倍的な政治への対抗軸は見えてこない。

目次

第1章 安倍氏が登場した九〇年代初頭の構造変化とその意味(戦後世界を特徴づけた冷戦の崩壊の中で 世界と日本の資本主義も行き詰まる中で 自民党一党支配の崩壊と新枠組模索の中で 戦後民主主義が反動期を迎える中で)

第2章 安倍氏は変化にどう対応したか―第一次政権の失敗を受け止めて(岩盤支持層がいたからリベラルに手を伸ばせた アメリカに安全を頼れない時代の一つの選択肢 新自由主義の枠内で是正策に乗り出した 失敗を覆い隠した「やってる感」の演出)

第3章 野党共闘が政権の選択肢になる条件(民主党政権の失敗を成功に変える覚悟が不可欠 野党共闘は成長途上―国会共闘、政策共闘、政権共闘 「バラバラ」を「多様性の統一」に変える防衛政策 支え合う社会の経済政策とは 韓国との関係をどうするのか)

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る