全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

ホハレ峠

ダムに沈んだ徳山村 百年の軌跡

書誌詳細情報

ホハレ峠

ダムに沈んだ徳山村 百年の軌跡

著者 大西暢夫 写真・文

定価 2,090円 (税込)

ISBNコード 9784779126437

発行日 2020/04

出版 彩流社

判型/頁数 四六判 270ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

日本最大のダムに沈んだ村、岐阜県徳山村の最奥の集落に、最後の一人になっても暮らし続けた女性(ばば)がいた。
奉公、集団就職、北海道開拓、戦争、高度経済成長、開発……
時代を超えて大地に根を張り生きた理由とは。

足跡をたどり出会った人たちの話から見えてきた胸をゆさぶられる民衆の100年の歴史――。

目次

第1部 日本一のダムができるまで(廣瀬ゆきえさんとの出会い 徳山村、最後の住人の最後の日 徳山ダム試練湛水 静かな移転地)

第2部 徳山村、百年の軌跡(廣瀬ゆきえ幼年期 はじめての滋賀県。海を見た はじめての巨大紡績工場へ 結婚―開拓の地、北海道真狩村へ 今井磯雄・敏子夫婦との出会い 長男・陸男 開拓団長・今井茂八に札幌で会えた 国営のミハラ農場へ 橋本から廣瀬へ 徳山村にダムがやってくる 徳山村は命の大地 ゆきえばばが、死んだ)

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る