全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

ミルク進化論

フェニックスシリーズ
なぜ人は、これほどミルクを愛するのか?

書誌詳細情報

フェニックスシリーズ

ミルク進化論

なぜ人は、これほどミルクを愛するのか?

著者 マーク・カーランスキー
山祥子

定価 1,980円 (税込)

ISBNコード 9784775942147

発行日 2019/10

出版 パンローリング

判型/頁数 四六判 444ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

ミルクの長所と危険性は少なくとも1万年以上にわたって議論されています。人類で最も長く続いている食品に関する審議です。安心かつ安全な食品ではないにもかかわらず、ミルクに対する人間の情熱が消えることはありません。古代からの議論に続き、現在でも新たな論争が生まれています。工業型農業における動物の権利擁護から狂牛病問題、遺伝子組み換え作物、低温殺菌しない生乳の是非など、常に健康と倫理、経済の板ばさみになっています。ミルクと乳製品が完璧な食品だったとしたら、歴史はどのように変わっていたでしょうか?この人類の難題を一緒に考えてみましょう。

目次

1 乳製品の誕生(初めての甘い味 肥沃な三日月地帯で酸化する チーズの文明 バター臭い蛮族 砂漠のミルク ミルクとビールの日々 チーズ熱愛者 プディングの作り方 みんな大好きアイスクリーム)

2 危ない飲み物(ミルクで死ぬ 初めての安全なミルク 新たな果てしなき闘い 産業化された牛 新しいミルク料理)

3 牛と真実(チベットのバター作り 拡大する中国の許容力 牛の楽園の問題 チーズ作りの職人たち 最高のミルクを求めて 真の安全なミルクとは)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る