全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

都市農業はみんなで支える時代へ

東京・大阪の農業振興と都市農地新法への期待

書誌詳細情報

都市農業はみんなで支える時代へ

東京・大阪の農業振興と都市農地新法への期待

著者 石原肇

定価 3,888円 (税込)

ISBNコード 9784772253239

発行日 2019/03

出版 古今書院

判型/頁数 A5 244ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

都市農業は都市住民に地元産の野菜を供給する一方、市民農園やバルなど都市住民による生産・消費への参画も急増。さらに環境保全や防災、教育等の役割も期待されている。2016年には都市農業振興基本計画が作られ、2018年には都市農地の貸借がしやすくなる新法が制定された。東京、大阪を中心に1990年代以降の都市農業の変化を整理するとともに、市民農園など都市住民・自治体による多様な取組みを紹介。さらに今後の都市農業を支える農地保全に向けた課題に迫る。

目次

都市農業研究の背景と目的

1 農家が耕すための振興策―東京都にみる市場出荷型産地の存続戦略(東京都における1990年以降の農業の変化 東京都江戸川区のコマツナ産地 東京都東村山市の花壇苗産地 ほか)

2 都市住民による生産や消費への参画―大阪府にみる新しい連携の形(大阪府における1990年以降の農業の変化 大阪府堺市の市民農園等の設置主体の多様化と立地の変化 大阪府八尾市の「八尾バル」における地産地消の取組み ほか)

3 都市農業を支える農地保全に向けた課題(地方都市農業振興基本計画からみる課題 近畿圏における生産緑地の指定状況からみる課題 生産緑地2022年問題に係る大阪府東大阪市の課題と対応策 ほか)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る