全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

森里川湖のくらしと環境

琵琶湖水域圏から観る里山学の展望

書誌詳細情報

森里川湖のくらしと環境

琵琶湖水域圏から観る里山学の展望

著者 牛尾洋也
伊達浩憲
宮浦富保

定価 3,850円 (税込)

ISBNコード 9784771033535

発行日 2020/03

出版 晃洋書房

判型/頁数 A5 256ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

森里川湖の恵みを支え地域社会をつくる「琵琶湖水域圏」を、森―里―川―湖がつながる自然循環・共生システムとして捉え、里山学の学際的アプローチにもとづいて、次世代の人びとのくらしと環境のあるべき姿を提案する。

目次

「琵琶湖水域圏」概念の位置づけ
持続可能社会と里山モデル―琵琶湖水域圏の保全再生に向けて
琵琶湖保全再生計画の試金石―生物多様性の保全をめぐって
淀川水系治水の行方―琵琶湖と巨椋池を含む水理
滋賀県湖東平野を流れる愛知川の水利と流況および生物多様性
砂礫州と生物多様性―滋賀県愛知川の砂礫性生物
瀬田丘陵にある旧里山を利用する新しい環境教育プログラムの開発―「龍谷の森」の木質バイオマスを活用する新規な炭焼き活動
薪ストーブ燃焼ガス中一酸化炭素等の褐鉄鉱触媒による完全燃焼化―貴金属系触媒から褐鉄鉱触媒への代替化の可能性について
過去の文化的景観を復原する―明治初期の滋賀県における里山・里湖利用
滋賀県の稲作をめぐって―過去・現在・未来
森林の経営・管理と「地域性」
公共団体とNPO邦人による賃貸借型の林地管理―私有地の所有と管理に伴う法的課題を踏まえて
自然鑑賞型遊歩道の管理責任に関する一考察―2つの落枝事故訴訟の検討を通して
滋賀県における流域治水条例の運用状況の検討
潜在能力アプローチから見た生態系サービス享受プロセス―災害復興とwell‐beingの回復
新たな自然観と里山学―自然共生型社会のための次世代学術パラダイムに向けて
補論1 多様なガン類のいる景観をとりもどす
補論2 環境保全型農業が水田の生物多様性に与える影響と課題―滋賀県と京都府の事例から
補論3 人はどこで変わり育つのか?―神輿巡業・自然学校・ヤクザル調査隊

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る