全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

日本の堤防は、なぜ決壊してしまうのか?

水害から命を守る民主主義へ

書誌詳細情報

日本の堤防は、なぜ決壊してしまうのか?

水害から命を守る民主主義へ

著者 西島和

定価 1,760円 (税込)

ISBNコード 9784768458853

発行日 2020/09

出版 現代書館

判型/頁数 B6 166ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

近年、全国各地で記録的な大雨による甚大な水害が相次いでいる。2019年10月に東日本台風が襲来した折には、巨大ダムやスーパー堤防が被害を食い止めたという声がネットで飛び交った。果たしてそれは事実なのか? 河川公共事業の住民訴訟に携わってきた著者が丁寧に解説する。
重要なのは、越水しても決壊しない堤防の整備。日本全国の堤防は土を盛っただけの“土まんじゅう"で、安全度も低い。「堤防にソイルセメントをいれて強化する技術は、海外では当たり前なのに、なぜ日本ではほとんど実施されないのか」? 等、謎だらけで人命が軽視されている「日本の水害対策」の現状を周知する。

目次

はじめに 堤防の決壊から民主主義の課題がみえる

第1章 水害対策における堤防強化の重要性(あいつぐ堤防の決壊
水害対策の必要性と現状)
第2章 重要な水害対策が消されてしまう日本の政策決定プロセス(「決壊しにくい堤防」はなぜ消されたのか
堤防の決壊からみえてくる民主主義の課題)
第3章 堤防を決壊させない民主主義へ(民主主義と参加の権利
「お願い」参加と「権利」参加
課題を参加で解決することは1992年の国際合意
ポイントは「初期段階」「代替案との比較検討」
「ダム検証」における代替案との比較検討の不公正さ
参加の権利を保障する「戦略的環境アセスメント」の導入を
初期段階の参加で「洪水を受けとめる水害対策」を可能に
SDGsの求める民主主義へ)
おわりに 変化のきざしと変化への抵抗

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る