全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

子どもの貧困と地域の連携・協働

〈学校とのつながり〉から考える支援

書誌詳細情報

子どもの貧困と地域の連携・協働

〈学校とのつながり〉から考える支援

著者 吉住隆弘 編著
川口洋誉 編著
鈴木晶子 編著

定価 2,970円 (税込)

ISBNコード 9784750349336

発行日 2019/11

出版 明石書店

判型/頁数 A5 274ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

子どもの貧困問題を、〈学校とのつながり〉をキーワードに読み解く。関連する法制度や学校の体制、実証的に行われた調査結果、福祉・心理・教育の各現場からの実践報告を踏まえ、貧困を抱える子どもたちのために何が必要で何ができるのかを考える。

目次

第1部 子どもの貧困問題と法制度・学校の体制(社会・地域を変える生活困窮者自立支援法と子どもの貧困対策法を目指して 「チーム学校」は子どもの困難に向き合う学校をつくれるのか―子どもの権利条約の視点から考える 就学援助制度の活用に向けて―お金の心配なく学校生活を送ってもらうために)

第2部 調査研究(調査から見る子どもの貧困と学校の関係 生活困窮世帯の子どもに見られる社会関係と心理面の特徴
学校教員から子どもの貧困はどう見えているのか(その1)―教員の貧困問題の認識、支援経験、法制度の理解度
学校教員から子どもの貧困はどう見えているのか(その2)―教員が感じている貧困の現状と支援の課題 学習支援と新自由主義教育政策)

第3部 現場からの実践報告(スクールソーシャルワーカーは子どもの貧困対策の切り札になるか?―活動実態と職務内容の検討を中心に
「子どもの貧困」と心理支援―学校現場から
なごや子ども応援委員会の活動から見るチーム学校
生活困窮者自立支援制度における現場での支援
生活困窮者支援としての学習支援とは
民間のフリースクール・通信制高校に期待される役割
生きづらさを抱える生徒に寄り添う校内居場所カフェ
子どものくらしに対する教師の感度)

第4部 学校とつながるために(学校とつながるために―子どもと学校を中心にした地域づくり)

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る