全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

捕鯨と反捕鯨のあいだに

世界の現場と政治・倫理的問題

書誌詳細情報

捕鯨と反捕鯨のあいだに

世界の現場と政治・倫理的問題

著者 岸上伸啓

定価 4,400円 (税込)

ISBNコード 9784653043898

発行日 2020/11

出版 臨川書店

判型/頁数 A5 328ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

捕鯨の何が問題なのか? 先住民捕鯨の最前線から、反捕鯨運動まで。国立民族学博物館共同研究「捕鯨と環境倫理」の成果を書籍化。

世界各地の捕鯨の現場や利用実態の報告、日本のIWC脱退を中心とした政治的問題の解説、反捕鯨運動・環境思想の視点からの考察など、さまざまな立場・専門の論者による寄稿16篇を収録する。

目次

第1部 捕鯨の現場―商業捕鯨、先住民生存捕鯨、クジラの観光資源化(岐路に立つノルウェーの捕鯨―ミンククジラ漁のいまとこれから
日本とノルウェーの小型捕鯨
岩手県におけるイルカ・クジラ漁の歴史的展開
アラスカ北極海の生存捕鯨と海底油田開発
現代グリーンランドにおける捕鯨と儀礼
生き残る先住民生存捕鯨、停滞するホエール・ウォッチング構想―カリブ海、ベクウェイ島の事例より)

第2部 捕鯨をめぐる政治力学(蘇った韓国のクジラ―絶滅から観光・環境資源へ
日本の調査捕鯨
IWCでの日本外交を振り返る(一九九七〜二〇一八)―妥協は不可能だったのか
日本のIWC脱退の問題点と今後の展望)

第3部 反捕鯨運動と倫理(メディア論で読み解く捕鯨問題
逸脱する捕鯨推進とクジラ紛争の歴史を追って
日本におけるNGO活動としてのクジラの保全―鯨からクジラへ
生態系保全と動物福祉―食べない捕鯨支持層の目に映る反捕鯨派
動物倫理の観点から見た捕鯨)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る