全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

環境と共生する「農」

シリーズいま日本の「農」を問う 4
有機農法・自然栽培・冬期湛水農法

書誌詳細情報

シリーズいま日本の「農」を問う 4

環境と共生する「農」

有機農法・自然栽培・冬期湛水農法

著者 古沢広祐
蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト
村山邦彦
河名秀郎

定価 3,080円 (税込)

ISBNコード 9784623073023

発行日 2015/04

出版 ミネルヴァ書房

判型/頁数 B6 278ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

人間の生命を支える農・食・環境をめぐり豊かさと矛盾があふれる昨今、農業においても従来の生産主義からの転換が志向され始めている。本書は、環境と農業をとりまく現状を見渡すとともに、宮城県大崎市における「蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト」、伊賀ベジタブルファームでの農業経営、さらに自然栽培という農法がもつ意味と意義を、それぞれの実践者が論じる。

目次

第1章 環境と農業の新たな可能性―食・農・環境をめぐる世界と日本(生命を支える農・食・環境 世界食料危機の時代を生きる ほか)

第2章 渡り鳥と共生する地域づくり―宮城県大崎市の場合(「ふゆみずたんぼ」取り組みの経緯 東北の復興は人と自然の共鳴から ほか)

第3章 未来のために必要なこと―伊賀ベジタブルファームの場合(私はこうして農業に関わるようになった 伊賀ベジタブルファームの取り組み ほか)

第4章 自然栽培の意味と意義―ナチュラル・ハーモニーの場合(自然栽培とは 自然界のバランス ほか)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る