全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

里海学のすすめ

人と海との新たな関わり

書誌詳細情報

里海学のすすめ

人と海との新たな関わり

著者 鹿熊信一郎
柳哲雄
佐藤哲

定価 4,536円 (税込)

ISBNコード 9784585260028

発行日 2018/03

出版 勉誠出版

判型/頁数 A5 352ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

人の積極的関与で海を豊かにする「里海」という日本発の発想が、世界に広がる。沖縄県恩納村と白保、高知県柏島、岡山県日生、インドネシア、フィジー、フロリダなど多彩な事例を通じて、人と海とのつながりを深め、里海を創生する方法を示す。

目次

里海とはなにか

第1部 里海概念の意義と里海創生活動の広がり(里海の概念が世界に与える影響―人類と海洋生態系の調和 里海創生の歴史)

第2部 直接人の手をかけて生態系機能を高める(サンゴ礁文化を継承する里海づくり―沖縄県白保集落 アマモ場を再生しカキを養殖する―岡山県日生 ほか)

第3部 海の資源を豊かにする(サンゴ礁の資源を守る―沖縄県沖縄市 村人が湖の漁業資源を自らの手で管理する―マラウィ湖・ムベンジー島 ほか)

第4部 人と海のつながりをつむぐ(モズク養殖とサンゴ礁再生で地方と都市をつなぐ―沖縄県恩納村 ダイバーと漁業者が協働して里海を創る―高知県柏島 ほか)

里海がひらく未来

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

追悼かこさとしさん
あそびの大事典

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る