全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

森林と権力の比較史

書誌詳細情報

森林と権力の比較史

著者 松沢裕作

定価 7,560円 (税込)

ISBNコード 9784585222347

発行日 2019/02

出版 勉誠出版

判型/頁数 A5 296ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

権利を規定するシステムを探る。近代化の過程で、森林という空間の統治・利用をめぐって、人間と人間との関係はいかに調整・構築されたのか。ドイツ、中国、日本、仏領インドシナそれぞれの歴史的社会における統治権力の形態とそれに規定される諸権利の分配のあり方に着目。それらを相互に比較することにより、権利を支えるシステムが成立する歴史的・社会的プロセスを把捉する。

目次

なぜ森林と権力か

第1部 直営する権力・奨励する権力(近世・近代ブランデンブルク=プロイセンにおける御領林経営―権力による直営と領民の利用権 清朝〜中華民国期における植林の奨励と民衆の林野利用)

第2部 日本の経験―近世から近代へ(近世・近代日本の林野制度 明治初年の林政と地元住民による官林利用―信濃国諏訪郡旧高島藩領を事例に 明治前期の県庁と森林・原野―福島県の場合を中心に 近代日本の国有林野制度の定着過程と地域社会―福島県東白川郡鮫川村の事例)

第3部 競合する権力・遊離する権力(中・近世のニュルンベルク帝国森林と政治諸権力―帝国都市とブランデンブルク辺境伯の対立構造を軸に 仏領インドシナにおける植民地支配と森林)
森林利用における統治と権利の諸形態

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る