全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

愛犬の日本史

平凡社新書 950
柴犬はいつ狆と呼ばれなくなったか

書誌詳細情報

平凡社新書 950

愛犬の日本史

柴犬はいつ狆と呼ばれなくなったか

著者 桐野作人
吉門裕

定価 1,056円 (税込)

ISBNコード 9784582859508

発行日 2020/07

出版 平凡社

判型/頁数 新書 302ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

時代劇の江戸の町に、洋犬がいたら驚かれるだろうか?
しかし、貿易で来日したダックスフントは、室町時代に目撃されている。
唐犬や南蛮犬と呼ばれたグレイハウンドやマスチフは名将たちの憧れの的となり、
百人以上が戦死する奪い合い合戦が起きるほどだった。 日本人は犬をどう愛してきたか?
犬はどう応えたか。歴史からふりかえる。

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る