全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

江戸水没

ブックレット〈書物をひらく〉 21
寛政改革の水害対策

書誌詳細情報

ブックレット〈書物をひらく〉 21

江戸水没

寛政改革の水害対策

著者 渡辺浩一

定価 1,100円 (税込)

ISBNコード 9784582364613

発行日 2019/11

出版 平凡社

判型/頁数 A5 82ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

人工都市江戸を、暴風雨や高潮が襲い、被害が繰り返される。水害は、ただに自然の脅威というばかりではなく、人為が、被害を大きくする要因となってもいた。田沼時代に隅田川に造成された中洲が洪水を激化させ、松平定信がこの殷賑の地を撤去する。そこに、どんな利害が、支配の意思が、住民の意図が、そして水害対策の知恵が、働いていたか。江戸の経験を今に生かす災害歴史学の試み。

目次

1 洪水の減災対策―三俣中洲富永町の撤去(寛政改革の都市政策 寛保二年大水害の教訓 明和八年の三俣中洲造成 天明六年大水害をもたらした気象現象 大水害の様相 減災対策としての三俣富永町撤去 三俣富永町撤去の経過 緊急避難場所の設置 三俣富永町撤去の意味)

2 高潮被災地の「復興」―深川洲崎のクリアランス(寛政三年の高潮 二つの復興案 町年寄の提案と幕府での協議 クリアランスの実態 その後の深川洲崎 安政東日本台風 空き地の減災効果の検証 何が問題なのか)

3 災害記録の管理と対策マニュアルの策定(洪水を記録する 洪水対策マニュアル マニュアル策定の意味)

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る