全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

アメリカ2018年農業法

所得保障の引き上げ・強まる農場保護の動き

書誌詳細情報

アメリカ2018年農業法

所得保障の引き上げ・強まる農場保護の動き

著者 服部信司

定価 2,420円 (税込)

ISBNコード 9784541043054

発行日 2020/02

出版 農林統計協会

判型/頁数 A5 106ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

2018年12月、2019年から2023年に至る5年間のアメリカ農業政策を規定する2018年農業法が成立した。
2018年農業法は、これまでの所得保障の制度=不足払いを維持・継続しつつ、所得保障の基準である目標価格を15%引き上げることをポイントとしている。
すでに、トランプ政権は、2018年には120億ドル(1兆3,200億円)の大規模な農家への直接支払いを行い、さらに2019年5月にも、160億ドルの直接支払いを行った。2年続けて、年平均140億ドルの農家支援を行ったのである。
これは、2016-18年平均の通常の所得補償(不足払い):69.4億ドルの2倍に当たる。巨額の農家支援は、穀物価格の低下→農業所得の大幅な低下を補おうとするものであった。
本書は、所得保障の引き上げを軸とするアメリカ2018年農業法の内容を明らかにするとともに、TPPと日EU経済連携協定の発効を踏まえた、日本農業の課題なども明確にする。(「はしがき」より)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る