全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

食料を読む

日経文庫 1215

書誌詳細情報

日経文庫 1215

食料を読む

著者 鈴木宣弘
木下順子

定価 929円 (税込)

ISBNコード 9784532112158

発行日 2010/05

出版 日本経済新聞出版社

判型/頁数 文庫 194ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

本書は、経済、資源・エネルギー、環境、自給率や安全性など、様々な要素が複雑に絡み合う現代の食料問題を総合的に解説。近年の食料価格の高騰がなぜ起きたのか。市場構造、新興国の経済成長、バイオ燃料需要の増大などとの関係を検証。高い食料自給率を維持する欧米各国の食料政策を参照しながら、日本の食料貿易、農業政策、アジアにおける食料の確保について考える。最終章では、生産現場、消費者、政府それぞれの視点から、日本の食の未来をどのように支えていくかを考察。

目次

1 食料危機を経済学で考える
2 バイオ燃料需要の再検証
3 飼料穀物需要の急増と供給限界説の再検証
4 食料危機の本当の教訓
5 農業大国の攻撃的な食料戦略
6 日本の食料をどう確保するか
7 食料生産の価値の総合評価
8 アジアの食料確保とFTA
9 食の未来を支える食料政策

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

追悼かこさとしさん
あそびの大事典

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る