全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

サカナ・レッスン

美味しい日本で寿司に死す

書誌詳細情報

サカナ・レッスン

美味しい日本で寿司に死す

著者 キャスリーン・フリン
村井理子

定価 1,620円 (税込)

ISBNコード 9784484192147

発行日 2019/06

出版 CCCメディアハウス

判型/頁数 B6 246ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

“ダメ女たちの人生を変えた" あの米国人料理家が、今度は日本にやって来た!
築地で、料理教室で、日本の台所で…苦手に挑めば人生が豊かになる
前作『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』では、料理ができないせいで自分に自信を持てなくなってしまった女たちに料理の基本的な技術を教え、彼女たちを人生にも家事にも勇敢な「家庭料理人」に変えた米国人料理家キャスリーン・フリン。
しかし、指導する立場の彼女自身にも、料理人として目をそらし続けてきた苦手があった…。それが「魚」である。一般的な米国人よりも、魚を食べるのは好きなほうだ。しかし、料理するとなるとどうだろう?
ある日、キャスリーンはアマゾン・シアトル本社のテストキッチンで、「魚を料理するのがこわい」という日系アメリカ人女性に出会う。日系人でありながら魚がこわいなんて、としょげ返るその様子に同情を寄せるキャスリーン。そして、食文化から魚が切り離せない日本には、もしかすると「こわい魚」を克服するヒントがあるのではないかと考えるようになる。

目次

プロローグ 魚がこわい―アマゾン本社でのできごと
第1幕 米国人料理家、料理ができない日本人たちと出会う
第2幕 時差ボケで江戸前寿司を握る―魚料理の基礎を学ぶ
第3幕 築地市場ザ・ファイナル―明日に架ける橋
第4幕 寿司に死す!?―市場の一部になるということ
第5幕 ミニチュア富士からの眺め―恐れが学びに変わるとき
第6幕 魚グリルと秋刀魚の味―日本の家庭の台所へ
第7幕 キャッチ&リリース―釣り、築地、わたしの人生
第8幕 台所で魚料理を―経験し、咀嚼し、トライする
エピローグ 魚がこわい?―流れるままに愉しみ生きる

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る